YOSHIKI
▼人気記事ランキング
2.経歴
2.5.ソロ活動(2000-09年)
2000年6月にメジャー・レーベル「エクスタシー・ジャパン」の設立を発表[55]Shiroや、BEAST、Revenusなど、レーベル所属のアーティストのデビューに携わった。また1998年2月にロサンゼルスに設立したレーベル「エクスタシー・レコード・インターナショナル」に所属する、アバンダンド・プールズローラ・ドーンキドニーシーヴスらのアルバムをプロデュースした[53]。Violet UKの制作も再開し、自ら出演し、演出も手がけたセブン-イレブン・ジャパンの企業イメージCFに「Confusion」「The Other Side」「Blind Dance」の3曲を使用した。Violet UKとしては1998年公開の映画『イン・ゴッズ・ハンズ』に楽曲「sane」を提供している。2000年11月1日には、東京国際フォーラムで開催された松任谷由実のコンサート『Brothers & Sisters』にゲスト出演し、「翳りゆく部屋」をピアノで伴奏した。
2002年9月1日、お台場で行なわれたライブ・イベント『a-nation avex SUMMER FESTA 2002』のステージでglobeに加入することを発表[56](2005年にYOSHIKIを加えての活動の際の名称がglobe extremeになることが発表された[57])が、今のところ活動の実態は無く、小室流ジョークとも言われている。同年12月に東京国際フォーラムで『YOSHIKIシンフォニックコンサート2002 with 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 featuring VIOLET UK』を開催。弦楽器に比重が置かれた16型編成のオーケストラを藤原いくろうとコンスタンチン・D・クリメッツが指揮したこのコンサートには、Violet UKからドーターとニコール・シャージンガーも参加し、ニコールは「I'll Be Your Love」の英語バージョンを歌った。「I'll Be Your Love」は2005年日本国際博覧会「愛・地球博」の公式イメージ・ソングとして、YOSHIKIが抜擢したハワイ出身の歌手・DAHLIAが歌ったものがシングルとして2003年10月29日にリリースされた[58]。ニコールが歌う英語バージョンは、同年9月26日にリリースされた愛知万博の公式アルバム『「愛・地球博」presents GLOBAL HARMONY』に収録された[58]
2003年2月1日に放送された、NHKのテレビ放送50周年記念番組『あなたとともに50年 今日はテレビの誕生日』のエンディング・テーマとして、チョ・ソンモ島袋寛子が歌う「君だけだから」を作曲し、番組ではピアノで伴奏した[59]。2004年には宝塚歌劇花組公演『TAKARAZUKA舞夢!』で春野寿美礼が歌う「世界の終りの夜に」を作曲[60]。また、エイベックスを介して依頼を受けた韓国のロック・バンド「TRAX」の日本デビュー・シングル「Scorpio」をプロデュースした[61]
2005年には愛知万博の開会式EXPOスーパーワールドオーケストラが演奏する「I'll Be Your Love」のクラシック・アレンジバージョンを指揮した。事前にヘルベルト・フォン・カラヤンや、レナード・バーンスタイン小澤征爾らのビデオを観てトレーニングを積んだ[62]。また、シェリー・バーグ川本統脩から本格的な指導を受けたほか、佐渡裕からもアドバイスを受けて指揮に臨んだ[62]。同年、2作目となるクラシック・アルバム『ETERNAL MELODY II』と[63]、『YOSHIKIシンフォニックコンサート2002 with 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 featuring VIOLET UK』のライブDVDを[63]、2003年2月に専属契約を結んだコロムビアミュージックエンタテインメントからリリースした[64]
2006年には、劇場長編アニメーション映画『ベルサイユのばら』の音楽を担当すると発表[65]。同年8月5日にボルチモアで開催されたアニメ・コンベンション『オタコン2006』に特別ゲストとして招かれた[66]
2007年には、5月25日と26日にロサンゼルスのウィルターン・シアターで『J-Rock Revolution Festival』を主宰[67]GACKTSUGIZO、雅-miyavi-とのロック・バンド「S.K.I.N.」の結成と、同年6月にロングビーチで開催される『Anime Expo 2007』において、S.K.I.N.としての初めてのライブを行うと発表した[68]。また、2007年公開のアメリカ映画『カタコンベ』や『ソウ4』の主題歌を制作したほか[69]、2008年公開のアメリカ映画『REPO! レポ』の音楽総監督や製作総指揮を務めた[70]。『ソウ4』の主題歌には、Toshlとの約8年ぶりの再会をきっかけに再結成に向けて動き出していたX JAPANの楽曲「I.V.」が使用され[71]、2007年10月18日にX JAPANは公式ウェブサイトで再結成を発表した。
2008年には、日本テレビ開局55年記念ドラマ『東京大空襲』の主題歌として、秋川雅史が歌う「愛する人よ」を制作したほか[72]黒澤明生誕100年祭『AK100 Project』の音楽プロデューサーを務めると発表した[73]。2009年には、日本テレビ系情報番組『ズームイン!!SUPER』の天気コーナーに「BLUE SKY HEAVEN」を提供した[74]
[4]前ページ
(2.4.ソロ活動(1991-99年))
[6]次ページ
(2.6.ソロ活動(2010年-現在))

53. 『日経エンタテインメント!』(2000年8月号)日経BP社
55. “YOSHIKI、音楽レーベルを主催――インターネットでコンテンツ配信も”. ASCII.jp (2000年6月21日). 2012年2月5日閲覧。
56. “globeに元X-JAPANの“彼”が加入…! その発表映像が到着!”. BARKS (2002年9月3日). 2014年10月30日閲覧。
57. 市川哲史 2006, p. 105
58. “9月25日 前売入場券発売を記念 2005年日本国際博覧会「愛・地球博」公式イメージソングCD発売決定!”. 愛・地球博公式ウェブサイト (2003年9月17日). 2012年10月5日閲覧。
59. 『FOOL'S MATE』(2003年4月号)フールズメイト
60. “元X-JAPANのYOSHIKIが楽曲を提供 花組公演「タカラヅカ舞夢!”. スポニチアネックス (2004年5月29日). 2014年10月30日閲覧。
61. “Scorpio TRAX CD Maxi”. CDJapan. 2012年10月5日閲覧。
62. 小松成美 2009, p. 434
63. “YOSHIKI / ETERNAL MELODY II”. コロムビアミュージックエンタテインメント. 2012年10月5日閲覧。
64. “X JAPAN伝説のライブ・パフォーマンス「ART OF LIFE」〜10年の歳月を経て初映像化〜”. コロムビアミュージックエンタテインメント (2003年7月28日). 2012年10月5日閲覧。
65. 『FOOL'S MATE』(2007年9月号)フールズメイト
66. “YOSHIKI, the honored guest at OTAKON 2006”. JaME WORLD (2006年9月24日). 2014年10月30日閲覧。
67. “Japanese Music Invasion: J-Rock Revolution Festival Revealed Massive Subculture of Young American Fans for Japanese Rock?with video”. Label Networks Inc. (2008年9月16日). 2014年10月30日閲覧。
68. “YOSHIKI、新バンド「SKIN」今夏始動を発表!”. ORICON STYLE (2007年5月27日). 2014年10月30日閲覧。
69. “【予告編】P!NKも熱演!パリの地下墓地を舞台にした恐怖映画『カタコンベ』公開!”. CDJournal (2007年9月28日). 2014年10月30日閲覧。
70. “あのYOSHIKIが、パリス・ヒルトン次回作のプロデューサーに!”. シネマトゥデイ (2007年9月21日). 2014年10月30日閲覧。
71. “YOSHIKI、X JAPAN再結成の真相を語る”. BARKS (2007年10月23日). 2014年10月30日閲覧。
72. “YOSHIKI「東京大空襲」主題歌披露”. nikkansports.com (2008年3月13日). 2014年10月30日閲覧。
73. “YOSHIKI、黒澤明とコラボ!”. MSN産経ニュース (2008年9月21日). 2008年9月21日閲覧。
74. “「ズームイン!!SUPER」30周年記念 ♪春のお天気テーマ♪のお知らせ”. 日本テレビ (2009年3月30日). 2014年10月30日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/01/13 00:00
ソ人気記事ランキング
2018/01/19 更新
 1位三毛別羆事件
 2位有安杏果
 3位海月姫
 4位1月18日
 5位キリングバイツ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant