YOSHIKI
▼人気記事ランキング
2.経歴
2.2.音楽との関わり
9歳頃からピアノで作曲をはじめ[12]、10歳から14歳まで学校のブラスバンド部でトランペットを担当した[12]。また中学から高校まではブラスバンド部と並行してサッカー部にも所属しており、司令塔のミッドフィールダーのポジションを担当していた[16][17][18]。毎年、誕生日には楽器を買い与えられることが恒例で、トランペットを始めたのも10歳の誕生日に父から買ってもらったことがきっかけであったが、その翌年の8月に父を自殺により亡くした[19]。34歳の若さであった[19]。それまではクラシック音楽しか聴いていなかったが[20]、行きつけのレコード店で偶然目にしたジャケットに惹かれて購入したキッスのシングル「ラヴ・ガン[21][22]と、母に頼み連れていってもらったキッスの『ロックンロール・オーバー・ツアー』の日本武道館公演をきっかけにロックに魅了され、11歳でドラムスを始めた[12]。ちなみに、12歳でギターも始めたが、細かい作業が性に合わず早々に手を引いた[23]

11歳で初めての4人組バンド「DYNAMITE」(メンバーは小学校の同級生2人と幼馴染みでギターが弾けたToshl)を結成。当初はドラムスとボーカルを担当し、近所の貸しスタジオでキッスの楽曲を練習して腕を磨いていたが[24]、声変わりが遅く高声しか出すことができなかった[24]ため、中学校に進学後、新たに同級生をボーカルに迎え、ドラムスに専念することとし、バンド名も「NOISE」に改称し[25]レッド・ツェッペリンディープ・パープルなどの楽曲を演奏した[25]

より複雑なリズムを叩くため、14歳の誕生日に母に頼んでダブル・ベースのドラムセットを手に入れ[26]、同じくダブル・ベースを使うレインボーを手本に練習を積んだ[27]。中学校の体育館で開かれた予餞会で初めてのステージを踏み[28]、高校進学後もNOISEとしてレッド・ツェッペリンやUFO、レインボーなどの楽曲を学校の文化祭などで演奏した[29]

[4]前ページ
(2.1.生い立ち)
[6]次ページ
(2.3.X JAPANの結成)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/11 16:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant