サービス終了のお知らせ
YOKOHAMAベイサイドスタジオ
▼人気記事ランキング
概要
YOKOHAMAベイサイドスタジオヨコハマ・ベイサイド・スタジオ)は、1987年〜1990年にテレビ神奈川で放送されていた情報番組である。

概要[編集]

TVKのプロ野球中継の番組名が「YOKOHAMAベイサイドナイター」に改題された1987年に放送開始。プロ野球中継の延長対応(20:55-21:50。のちに21:25-に短縮)の補完番組として用意されており、当初は完全中継化にあわせ、試合が延びた場合は以降の番組を繰り下げて、時間短縮して20分間程度放送していたが、1989年からは放送が休止された。また、シーズンオフは通常の情報番組として火曜日、木曜日の20:00-21:30、土曜日(野球中継のある日曜も含む)の21:00-21:50に放送された。また、ナイターのない水曜日は19:30-の放送で一応タイトルも「YOKOHAMAベイサイドスタジオ」だったが、放送内容は映画枠「水曜ビッグスクリーン」だった。

この当時、月曜は数寄屋橋ソニービルからの「ファンキートマト」が、また金曜は「TVグラフィック42番街」が編成されており、TVKでは水曜以外の平日ゴールデンタイムをすべて生ワイド番組でまとめるという、他にあまり例を見ない編成を組んでいた。

その後1990年のシーズンオフにニュースショーの色彩の濃い、木曜のみOAの「ヒューマンTV・ベイサイドスタジオ」にリニューアルするも、半年で終了した。1991年のシーズン中は、単にニュースとプロ野球速報を伝えるだけの「ベイサイド・ナウ」にダウンサイズされたが、補完番組はその年限りになった。

主なコーナー[編集]

きょうのニュース
プロ野球速報
パネルクイズホエールズで大当たり
テレフォンアンケート

エピソード[編集]

当時、テレビ朝日ニュースステーション」が「日本一速いプロ野球速報」を謳っていたが、司会の宮内恒雄は「うちはテレビ朝日さんより速いですから」と口にしていた。
一度、テレビ埼玉からヒットナイターをネット受けしていたとき、20時過ぎに試合終了してしまい、20:25でネット受けも終了、急にスタジオにカメラが回ってきたが、司会の宮内と鎗田圭子は西武戦には興味はないのか何も知らず、なんとスタジオで真顔で新聞を読んでいた。
木曜に大洋戦が0時過ぎに終了したときもOAがあり、このときは人気番組「ライブトマト」があったため苦情が殺到、「申し訳ありません、ライブトマト以降の番組は130分繰り下げてお送りします。」と平謝りであった。

司会・レギュラー出演者・リポーター[編集]

宮内恒雄
鎗田圭子(当時TVKアナウンサー)
原良枝(当時TVKアナウンサー)
山藤淑子
軍司貞則
高橋かほる
山内智子
山アやすみ
浅井夏海

コメンテーター[編集]

内山陸雄

ディレクター[編集]

西田俊憲(TVKテレビ)※アクトワン・クリエイションズ側のディレクター名テロップは無し。 
山田、栗本(アクトワン・クリエイションズ)(敬称略)※サブディレクター
高瀬、栗田、山根、酒井(敬称略)※アシスタントディレクター

プロデューサー[編集]

荒木善信(アクトワン・クリエイションズ)※TVKテレビ側のプロデューサーテロップは無し。

スタジオ[編集]

第1スタジオ(山下町旧社屋1F)

関連項目[編集]

tvkプロ野球中継 横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVE
TVグラフィック42番街
出典:Wikipedia
2020/03/28 12:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant