サービス終了のお知らせ
uniko
▼人気記事ランキング
概要
uniko(ユニコ)は、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス子会社のUCSが日本国内で展開するプリペイド方式の磁気型電子マネーである[1]

概要[編集]

2013年11月21日よりサービスを開始。

アピタピアゴサークルKサンクスファミリーマート、およびアピタ・ピアゴ内の一部専門店で利用ができる[1]。2016年8月21日に廃止となったユーホームや2017年10月31日まではピアゴ関東が運営していたベンガ・ベンガでも利用が可能であった(ユーホームから改装したDCMカーマやフレスコ関東の運営になったベンガベンガでは利用不可)。カードの申し込みは店頭のみで、ネット上では受け付けていない。

カードは1枚のカードに最大5万円までチャージ可能で、チャージ機でチャージをする場合、1回の操作で入金できる金額の単位は1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円の6種類である。レジ(セルフレジを含む)でチャージする場合は、1,000円単位でチャージが可能。クレジットカードや銀行ATMからのチャージには対応していない。

チャージの上限が5万円であるため、50,001円以上をユニコで支払う場合は、ユニコ残高から50,000円を引いたうえで、差額を現金、ユニー・ファミリーマートグループ商品券、UCSカードのいずれかで支払う併用払いとなる。(商品券やクレジットカードとの併用可否は一部店舗では異なる。チャージは1,000円単位のため49,002円以上では同様のケースが生じる場合もある。)

ポイントは200円につき1ポイント付与され、最長2年間有効である。ポイントは500ポイント貯まると自動的に電子マネー500円分に交換される仕組みで、任意での交換は行うことができない[1]

名称の由来は、あなたの「ユー」とユニーグループの「ユニー」、お客様の笑顔「ニコッ!」を足したものである[1]。公式キャラクターも制定され、名前は公募の末、「ゆにぴょん」と名付けられた。

ユニー・ファミリーマートホールディングス発足後の取り扱い[編集]

ユニー・ファミリーマートホールディングス[2]発足後のユニコカード利用可能店舗については、アピタ、ピアゴでは引き続き利用が可能である。

ただし、MEGAドン・キホーテUNYへ業態転換店舗については、2020年1月31日までは引き続き利用可能であるが、アピタでは毎月19日、20日、29日、ピアゴでは毎週金曜日に行っている5%OFF感謝デー等の特典の対象から外れている。一方でドン・キホーテグループの電子マネーであるmajicaで適用されている、1000円以上の買い物で支払い金額の1円単位の額を切り捨てる、円満快計などの特典がほぼ同等で受けられる。なおカードへのチャージもチャージ機のみの取り扱いとなっていた。2019年12月31日をもってチャージの取り扱いを先行終了している。(通常のドン・キホーテは利用不可。)

サークルKサンクスについては、ファミリーマートに移行していない店舗では統合当初から移行直前まで利用が可能(カードの販売も継続している店舗もあった)であった。ファミリーマートへ移行した店舗と以前から「ファミリーマート」として営業していた店舗(ココストアからの転換店も含む)では、利用ができなかったが2018年4月24日より全店舗で取り扱いを開始した。[3]。ただし毎週土曜日、日曜日の2倍デーは対象外のほかポイント数の表示がされない。この他ファミリーマートではユニーグループのライバルに当たるイオングループ が手掛けるWAONを2009年10月より導入してきた。ユニコカードと競合する形になるが統合後も引き続き利用可能なほかサークルK、サンクスについても統合2日前の2016年8月30日より導入し両方が利用可能となっている。

2020年4月30日サービス終了予定。

沿革[編集]

2013年11月21日 - アピタ(精華台店は除く)・ピアゴでサービスを開始。
2014年
2月21日 - アピタ精華台店でのサービスを開始。
7月18日 - サークルKサンクスでサービス開始。
7月22日 - アピタのインターネットショッピングでサービス開始。
8月1日 - アピタ・ピアゴのショッピングセンター内の専門店(78店舗)でサービス開始。
8月21日 - アピタ田富店内の専門店でサービス開始。
9月3日 - ナガイ(現フレスコ関東)が運営するベンガベンガの店舗へ導入開始(2017年10月31日利用終了)。
2015年
2月20日 - UCSカード提示による現金支払いでの割引を終了(これをもってユニコに完全移行)。
2018年
4月24日 - ファミリーマートでも当カードの取り扱いを開始。
2019年
10月1日 - ファミリーマートの店舗(一部店舗を除く)にてキャッシュレス還元の対象となる。(即時2%還元)
12月2日 - アピタ市原店、アピタ大口店の翌年1月3日の改装閉店に伴い、支払時の残存ポイントが即座にオートチャージされる[4]
12月8日-アピタ岐阜店での支払先行終了
12月9日 - アピタ富士吉原店、アピタ魚津店の翌年1月12日の改装閉店に伴い、支払時の残存ポイントが即座にオートチャージされる[5][6]
12月10日-アピタ小牧店での支払先行終了。同日にリーフウォーク稲沢にあったアピタ稲沢東店を改装して開店したMEGAドン・キホーテUNY稲沢東店での取扱を中止。(同月3日に改装オープンした、MEGAドン・キホーテUNY福井店、佐原東店での取扱が再開された)
12月14日 - アピタ市原店、アピタ大口店における、販売(新規入会)・チャージの先行終了。
12月18日 - アピタ富士吉原店、アピタ魚津店における、販売(新規入会)・チャージの先行終了。
12月31日-ユニコカードの販売(新規入会)を終了[7] 。MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNYの店舗における、チャージの先行終了。
2020年
1月3日 - アピタ市原店、アピタ大口店[8]での支払先行終了。
1月4日 - MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNYの店舗にて、支払時の残存ポイントが即座にオートチャージされる。(4月30日まで決済可能な専門店も含む。)
1月12日 - アピタ富士吉原店、アピタ魚津店での取扱先行終了。
1月26日- MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNYにて日曜日ユニコポイント2倍特典を終了。同時に通常のドン・キホーテを含めUCSカードでの日曜日Uポイント2倍も終了。
1月29日-アピタ本庄店における、チャージの先行終了。
1月31日 - MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNYの店舗にて支払い終了(ただしそれらの専門店(対応店舗のみ)は4月30日まで利用可。)[9]
2月5日-ピアゴ豊明店における、チャージの先行終了。
2月10日-ピアゴ・ラ・フーズコアアラタマ店にて、支払時の残存ポイントが即座にオートチャージされる。
2月16日-アピタ本庄店、ラ・フーズ・コア納屋橋店での取扱先行終了。
2月17日-UCSカードのUポイントからユニコへの交換終了
2月23日-ピアゴ豊明店、恵那店での取扱先行終了。
2月29日-アピタ、ピアゴ店舗でのボーナスポイント特典終了(同時にUCSカードのクレジット払いでもボーナスポイント特典を終了)
3月1日-アピタ、ピアゴの直営、専門店(対応店舗のみ)にて、支払時の残存ポイントがオートチャージされる。(2020年2月29日に失効のポイントは対象外。)ファミリーマートは対象外の予定。(MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNYの専門店(ユニコ対応店舗のみ)はそれらの直営と同じ1月4日より対応している。)
3月8日-ピアゴ・ラ・フーズコアアラタマ店での取扱先行終了。
3月15日-アピタ砺波店での取扱先行終了。
3月29日-アピタ、ピアゴ店舗での日曜日ユニコポイント2倍特典終了(同時にUCSカードのクレジット払いで日曜日Uポイント2倍特典も終了)
3月31日-ファミリーマート店舗でのチャージ、取扱先行終了(23時)。これに伴い6月30日まで実施されるキャッシュレス還元もユニコは対象から外れる。またmajicaの導入予定はない。ユニコポイントのオートチャージやmajicaへの交換も出来ない。
4月1日-アピタ、ピアゴ店舗でのチャージ終了。またアピタ、ピアゴ店舗にて使用済みユニコと交換でmajica配布開始。(アピタンデザインは無料配布の対象外。)
4月6日-アピタ、ピアゴ店舗の直営レジにmajica導入。(専門店は2020年秋に対応予定。)majicaアプリにてユニコからUNYmajicaへの残高の移行を開始。
4月30日-アピタ、ピアゴ店舗(ラスパ、ウォーク専門店も含む)、 MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNYの店舗内に出店している専門店での支払い終了。[7][9]これに伴い全ての加盟店での取扱を終了する。
5月1日-アピタ、ピアゴ店舗のサービスカウンターにてユニコからUNYmajicaへの残高の移行を開始。
12月31日-アピタ、ピアゴ店舗でのユニコからmajicaへの交換終了

出典[編集]

外部リンク[編集]

uniko公式サイト
出典:Wikipedia
2020/02/25 10:33
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant