Twitter
▼人気記事ランキング
7.問題
7.13.原因不明のアカウント凍結とそれに対する曖昧な対応
Twitterでは攻撃的な行為を禁止している[117]が、2017年8月にはに対して「何ケ所も刺しやがって…死ね!」といった投稿を行った日本のユーザーが「脅迫を含む内容の投稿」としてアカウントを凍結された[118]。その他にもジャーナリストイラストレーター、ハリウッド女優[119]のアカウントが停止される事態が発生している一方、女優に対して「殺してやる」と投稿した脅迫を行ったユーザーは凍結が行われない[119]など、一貫しない対応や、どの投稿がルール違反になるのか不明確なまま凍結が行われていることなどに批判が集まった[119]

2017年11月3日にはアメリカ合衆国大統領であるドナルド・トランプのアカウントが11分間停止された[120]。当初、原因は「社員のうっかりした人為的ミス」[121]としていたが、後に、カスタマーサポートを担当していた社員が最終出社日に行ったものであり、内部調査を進めると発表した[120]。これに対して反トランプ派の人物からは従業員の行動を賞賛する声がある一方[121]で、この従業員は請負社員であり、1人のパートタイム社員が大きな権限を持っていることに疑問を抱く声[122]や、Twitter社のインサイダー脅威英語版対策が不十分であると問題視する声もある[123]

[4]前ページ
(7.12.Twitter社の不祥事)
[6]次ページ
(7.14.Twitterを接点とした未成年者誘拐事件と、自殺志願者と殺人犯のマッチングサイト化)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/20 13:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant