サービス終了のお知らせ
Transport Layer Security
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
Transport Layer Security(トランスポート・レイヤー・セキュリティ、TLS)は、インターネットなどのコンピュータネットワークにおいてセキュリティを要求される通信を行うためのプロトコルである。主な機能として、通信相手の認証、通信内容の暗号化改竄の検出を提供する。TLSはIETFによって策定された。
当プロトコルは(特に区別する場合を除いて)SSL (Secure Sockets Layer) と呼ばれることも多い。これは、TLSの元になったプロトコルがSSLであり[1]、そのSSLという名称が広く普及していることによる[2]
2018年現在の最新版はTLS 1.3である。
目次
1.概要
├1.1.アプリケーション層プロトコルへの適用
└1.2.セキュリティ上の考察
2.プロトコル概要
├2.1.TLSハンドシェイクプロトコル
└2.2.TLSレコードプロトコル
3.バージョン
├3.1.SSL 1.0
├3.2.SSL 2.0
├3.3.SSL 3.0
├3.4.TLS 1.0
├3.5.TLS 1.1
├3.6.TLS 1.2
└3.7.TLS 1.3
4.暗号スイート
├4.1.鍵共有
└4.2.認証暗号
5.実装
├5.1.ウェブサイト
├5.2.ウェブブラウザ
└5.3.ライブラリ
6.課題
└6.1.バーチャルホスト
7.TLS/SSLの既知の脆弱性
├7.1.暗号の危殆化を利用したもの
├7.2.ダウングレード攻撃
├7.3.Mac-then-Encrypt型の認証暗号に関するもの
├7.4.パディング攻撃
├7.5.圧縮サイドチャネル攻撃
├7.6.その他
├7.7.実装上の脆弱性をついたもの
└7.8.ウェブサイトの統計
8.参考文献
9.脚注
10.関連項目
11.外部リンク
├11.1.標準化
├11.2.IANA
├11.3.日本の認証局ベンダー
出典:Wikipedia
2019/11/12 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant