Tennis for Two
てんびん座|保育士|六星占術
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
Tennis for Two』(テニス・フォー・ツー)は、1958年に開発されたコンピュータゲームである。
アメリカ物理学者ウィリアム・ヒギンボーサムによって開発された最初期のコンピュータゲームとされるもののひとつ[1]である。『電視遊戯大全』および『電視遊戯時代』では、このゲームを世界初としている。世界で初めて「研究でコンピュータを使っている人だけでなく、不特定多数の人に遊ばれた」「遊んだ人も大いに楽しんだ」「ブラウン管表示を使う」「リアルタイムインタラクティブ性のある」ゲームである(ただし「コンピュータ」ゲームとしては、現在一般的なディジタルコンピュータではなく、アナログコンピュータを使ったゲームである)。
「Tennis for Two(二人でテニスを)」のタイトルは、アメリカの楽曲および映画「Tea for Two(「二人でお茶を」)」に由来すると思われる(なお『〜大全』及び『〜時代』では名前はなかったとしている)。
にきび跡|おうし座|おひつじ座
現金|恋愛占い|転職
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.『Tennis for Two』が出来るまでの背景
2.ゲームの概要・操作方法
3.その後の『Tennis for Two』
4.復元
5.脚注
6.参考文献
7.外部リンク

1. 最初期のコンピュータゲームやビデオゲームは非公式かつ同時多発的に作られたものが多く、どれを「最初」とするかは研究者の立場や見解に依る。たとえば1952年の『OXO』は、資料によってさらに古いことが確認できるゲームのひとつであるが、既存の遊び(いわゆる○×)を再現したもので、しかしコンピュータとの対戦という要素がある、など。詳細はコンピュータゲームの歴史を参照。

出典:Wikipedia
2017/01/19 19:31
四柱推命|愛内里菜|資格
懸賞|運命の赤い糸|フレッツ光
ソ人気記事ランキング
2017/10/18 更新
 1位ドリフ大爆笑
 2位いぬやしき
 3位信長協奏曲
 4位陸王 (小説)
 5位青木歌音
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant