T-50 (航空機)
▼人気記事ランキング
4.輸出
4.3.過去に検討された国家
新型練習機導入計画においてイタリアアエルマッキ社のM-346と採用を争っていたが敗北した。 TA-4の後継機として選定候補[1]であったが、M-346が採用された。 アメリカ空軍は、老朽化・旧式化が進むT-38練習機の後継として、ロッキード・マーティンが開発パートナーとなっているT-50か、すでに海軍の練習機となっているボーイング社製のT-45 ゴスホーク(原型機はイギリスBAe ホーク)を検討するよう、議会から要請されていた。
2015年に次期練習機の選定プログラム"T-X program"が開始された。当初ロッキード・マーティンはT-50が要求に合わない場合、新型機の提案も考慮するとしていたが[29]、結局T-50を改良したT-50A[30]を韓国のKAIと共同提案した[31]。この選定プログラムではボーイングスウェーデンSAABの共同提案するT-X(BTX)[32][33]およびイタリアレオナルドの提案するT-100[34][35]も候補となっていた。
2018年9月27日にボーイングとSAABの提案したT-Xの採用が発表され[36]、T-50Aは不採用となった[37]
[4]前ページ
(4.2.検討中の国家)
[6]次ページ
(5.スペック)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/22 19:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant