サービス終了のお知らせ
Su-27 (航空機)
▼人気記事ランキング
7.運用国
7.2.購入計画があった国
航空自衛隊 - Su-27 機体の購入こそ行わなかったものの、1998年10月に航空自衛隊のパイロット2名をロシアに派遣し、実際にSu-27への体験搭乗を行わせている。
スホーイ設計局のミハイル・A・ボゴジアンは2000年8月の日経産業新聞のインタビューで「もし希望があれば所定の手続きにのっとって交渉できる。フランカーの開発、実用化の過程で膨大な国家資金を投じた。購入機数が数機程度では、商談に発展しないだろう。交渉を前進させるには一定の機数(12機)確保が前提条件となる」と答えた。このことから(このインタビューの数年前にあったであろう)交渉は「所定の手続き」に至るだけの進展はなかったこと、自衛隊側が購入を意図したとしても数機以下の、かつてのヴァンパイア練習機のようなサンプル購入であり、ロシア側の望むような飛行隊が編成できる数量ではなかったことが推察できる。実際、購入予定であったものは新造品ではなく中古機であったという。 空軍 - Su-35/UB
メキシコ
海軍 - Su-27/UB
[4]前ページ
(7.1.現役)
[6]次ページ
(8.仕様)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/16 09:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant