spモード
▼人気記事ランキング
4.BlackBerryへの対応
spモードは2010年9月1日の開始当初の対応OSはAndroidとWindows Mobile 6.5のみであったが、2010年12月1日よりBlackBerryでも利用が可能となった。ただしBlackBerryでのspモードはメールサービスとWebフィルタのみで、アプリケーションのコンテンツ決済には対応しない。またBlackBerryでspモードを使う場合でもBlackBerry Internet ServiceかBlackBerry Dual Serviceの契約が必要となる。ただしspモードの対応を開始した2010年12月1日よりBlackBerry Internet ServiceやBlackBerry Dual Serviceは大幅に値下げされたことと、ISPセット割がBlackBerry Internet Serviceに適用されたため、実質料金がそれ以前に比べ高くなるといったことはない。

通信自体はBlackBerry用のAPNへ接続し、メールサーバのみspモードを利用する形態となる。そのため従来のBlackBerryのISPメールと同様に他OSとは違い、Wi-Fiでもメールの送受信が可能であったり、メールの受信に数分の遅延が発生する。但し受信の遅延については2011年9月18日より、spモードメールの再設定を行うことで解消されるようになった。

またBlackBerryでは通常のBlackBerry用のメールと同様、絵文字の送信は可能であるがデコメール(HTMLメール)やデコメ絵文字の送信はできない(受信は可)。

BlackBerryでspモードを利用するためには、docomo service portalといわれるアプリケーションを、ドコモアプリケーションサイトからダウンロードし、そこでBlackBerryメール設定用のIDとパスワードを発行することにより、利用することが可能となる。

またAndroidなどと同様、My docomo IDの発行や再発行を行うこともできる。

[4]前ページ
(3.その他機能)
[6]次ページ
(5.iPhoneへの対応)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/03 22:33
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant