サービス終了のお知らせ
Snapdragon
▼人気記事ランキング
2.仕様
2.5.Snapdragon 200/400/600/800 (2013)
600, 800は2013年1月7日発表[6]、400は2013年6月4日発表[7]、200は2013年6月21日発表[8]、805は2013年11月21日発表[9]

プロセスルールはMSM8x25Qは45 nmで、それ以外は28 nm。L2キャッシュは2コアKraitは1 MB、4コアKraitは2 MB。600/800 はメモリがLPDDR2(32ビット×2)からLPDDR3(32ビット×2)になった。VFPv4対応。

第5世代は名称が200/400/600/800 になり、第4世代との名称の対応関係は以下の通り。600はS4 Proより40%高速化したと発表している[10]

S4 Play → 200 (エントリー)
S4 Plus → 400 (メインストリーム)
S4 Pro → 600 (ハイエンド → ミドル-ハイクラス)
S4 Prime → 800 (スマートテレビ → ハイエンド)
型番の命名規則

接頭辞 - モデムなしがAPQ、モデム内蔵がMSM。
下3桁目 - 0はモデムなし、2がHSPA+対応、6がCDMA対応、9がLTE対応。
808は十の位が0であるが、64ビットCPUのため、810の節に記載。

無線通信方式のパターン1は以下の通り。

Bluetooth 4.0
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5 GHz)
無線通信方式のパターン2は以下の通り。

GSM (GPRS, EDGE)
W-CDMA/UMTS (HSDPA, HSUPA, HSPA+, DC-HSPA+ cat.29)
MBMS
LTE cat.4 / 150 Mbps
CDMA2000 (1xRTT, 1xEV-DO Rel.0/Rev.A/Rev.B, 1xEV-DO MC Rev.A, 1xAdv Rev.A/Rev.B)
TD-SCDMA
無線通信方式のパターン3は以下の通り。

LTE-Advanced cat.6 (Down 300 Mbps, Up 50 Mbps)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/27 15:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant