Samsung Galaxy
▼人気記事ランキング
7.日本向けモデル
日本では携帯電話キャリアが取り扱うフラグシップモデルの「S」「Note」、ミッドレンジモデルの「A」が主力で、他はSIMフリー端末がわずかに流通する程度[注 18]である。auからは「S」に細かな変更がなされたモデルが発売されていたが、auでもNote3以降の端末はグローバル版の仕様をほぼ踏襲している。

日本向けとして初めて投入された機種はNTTドコモ向けのGalaxy S SC-02Bで、しばらくの間はドコモ向けに独占投入されてきたが、2012年にはKDDI沖縄セルラー電話連合(各au)向けにGalaxy S2 WiMAX ISW11SCが投入、2014年にはGalaxy Tab S 8.4/10.5のWi-Fiモデルが発売、ソフトバンク向けにGalaxy Tab4が投入された。

2019年にはMVNOUQモバイルJ:COM MOBILE向けにGalaxy A30が投入され、楽天モバイル向けとなるGalaxy S10Galaxy Note10+、Galaxy A7が投入された。

A.x.xはAndroidのバージョン。
()は製品番号およびauの製造型番。
[4]前ページ
(6.12.デジタルカメラ)
[6]次ページ
(7.1.スマートフォン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/21 16:33
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant