サービス終了のお知らせ
SUZUKIハッピーモーニング・いってらっしゃいシリーズ
▼人気記事ランキング
1.概要
1981年4月6日放送開始。番組名に冠している通り、スズキ自動車の一社提供番組となっている[注 1]。番組構成は、通勤前のサラリーマンOL、通学前の学生、これから家事をはじめる主婦に、パーソナリティがその週で決められたお題について、コラムを語る[1]。番組のクライマックスでは必ずエールとして、「それではまた明日(金曜の場合は「来週の月曜日に」)お会いしましょう。お相手は(パーソナリティの氏名)でした。今日も一日お元気で、いってらっしゃい。」と番組を締め括るメッセージ的な内容になっている[注 2]

パーソナリティは番組開始以後から38年間女優が担当していた。しかし2020年2月5日に番組を担当していた鈴木が自身の週刊誌による記事[2]により[注 3][3]、鈴木の事務所が制作局のニッポン放送と協議の上、翌6日の放送回を最後に番組から降板[4][5]。当面の間は内包先番組のアシスタントを務める、同局アナウンサーの新行がパーソナリティを担当する事が発表された[5][1][6]

[6]次ページ
(2.1.パーソナリティ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/14 17:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant