サービス終了のお知らせ
SUPER BEST II
▼人気記事ランキング
概要
CHAGE and ASKA > SUPER BEST II SUPER BEST II』(スーパー・ベスト・ツー)は、CHAGE&ASKA(現:CHAGE and ASKA)のベスト・アルバム1992年3月25日に発売された。発売元はポニーキャニオン

1993年12月17日はAPO-CDとして、2001年5月23日CDとして再発売された。

背景・リリース[編集]

1987年に発売されたシングルベスト『SUPER BEST』に続くベスト・アルバム。ポニーキャニオン移籍後の「モーニングムーン」から「僕はこの瞳で嘘をつく」までの全シングルを発売順に収録している[注 2]

アルバム発売と同時にシングル「WALK」・「LOVE SONG」が再発売され、アルバムミックスによる音源で収録されている。

録音[編集]

ほとんどの曲がシングルを元にリミックスが施されているが、「モーニングムーン」は、アルバム『TURNING POINT』収録のロングバージョンのリミックス、「ラプソディ」はアルバム『RHAPSODY』収録の「狂想曲(ラプソディ)」のリミックスとなっている。

批評[編集]

ASKAは当時から「ベスト盤嫌い」であり、ベストアルバムが発売されるのには良好に思っていなかったが、本作に関してASKAは「何もかもが追い風でしたので、僕らの音楽に触れておられない方々が『手にしやすい一枚』となる」と考え、自らが唯一発売を決めたベストアルバムである[2]

受賞歴[編集]

第7回日本ゴールドディスク大賞
アルバム賞 ロック・フォーク部門(男性)[3]

チャート成績[編集]

オリコン週間ランキングでは初登場から4週連続1位となり、1週空けてまた1位に返り咲き、通算で5週の首位を獲得した。CD売上枚数は269.7万枚(オリコン調べ)を記録し、自身のアルバムの中では最も売り上げた作品である[4]。1992年度のオリコン年間アルバムランキング第1位を獲得し、アジア諸国でも大ヒットとなった[5]

また、コブクロ2006年に発売したベスト・アルバム『ALL SINGLES BEST』に売上が抜かれる前までは、2組ボーカルユニットとしてのアルバム売上は本作が最大であった。これにより、現在は歴代2位を記録している[4]

収録曲[編集]

黄昏を待たずに
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:飛鳥涼・THE ALPHA瀬尾一三
Count Down
(作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:Light House Project
指環が泣いた
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準)
SAILOR MAN
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)
ロマンシングヤード
(作詞:秋谷銀四郎 作曲:CHAGE 編曲:瀬尾一三)
恋人はワイン色
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:西平彰
ラプソディ
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:西平彰・十川知司
Trip
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司)
WALK
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:飛鳥涼・BLACK EYES)
LOVE SONG
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:飛鳥涼・十川知司)
DO YA DO
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:飛鳥涼・Jess Bailey)
太陽と埃の中で
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:飛鳥涼・Jess Bailey)
SAY YES
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司)
僕はこの瞳で嘘をつく
(作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司)

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

1992年の音楽

外部リンク[編集]

SUPER BEST II - CHAGE and ASKA Official Web Site
出典:Wikipedia
2020/02/21 01:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant