Rich Communication Services
▼人気記事ランキング
5.普及状況
5.1.日本

+メッセージ[編集]


日本では、2018年5月9日からNTTドコモKDDIソフトバンクの3社が「+メッセージ」(プラスメッセージ)の名称でサービスを開始した[43]

日本国内の移動体通信事業者のみと相互接続を行うため、世界の通信キャリア利用者とは通信できない。またY!mobileMVNOでは使用することができない[2][44]

またUniversal Profileやjoynは採用していないが、将来的に世界のキャリアと相互接続を行う予定であるため、Universal Profileをベースとした日本独自の技術仕様を定めている。なおこの実装は、各キャリアが独自に実装している[45]

送受信には、SMSにも対応したスマートフォン・タブレット用アプリ「+メッセージ」(Android 4.4以降・iOS 9.0以降に対応)を使用する。Android標準アプリ「Androidメッセージ」や、サードパーティのアプリには非対応[44]

RCSの送信料金は無料であるが、携帯電話回線を使用する場合はパケット通信料が別途必要(ただしパケット定額プランの対象である)となるが、Wi-Fi回線では不要[44]。なお「+メッセージ」アプリからSMSを送信する場合は、別途SMS送信料金が必要となる[43]

[4]前ページ
(5.普及状況)
[6]次ページ
(6.GSM Associationによる認定)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/17 13:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant