Rich Communication Services
▼人気記事ランキング
4.仕様
RCSは単独で使用される規格ではなく、3GPPOpen Mobile Allianceで規定された様々なサービス・仕様や、SMSと一緒に使用される規格である。

RCSの仕様で標準化されているサービスには、以下のものがある[21]

スタンドアローンのインスタントメッセージ
1対1のチャット
グループメッセージ
ファイル転送
コンテンツの共有
プレゼンス情報
音声通話(IP電話
ビデオ通話
位置情報の共有
音声メッセージ
ネットワーク型ブラックリスト
Presence Protocol・SIP OPTIONSコマンドを利用した、利用可能な機能の問い合わせ
Rich Communication Suiteの基本仕様 Enhanced address bookに基づいたコンテンツの共有による、音声通話・テキストチャットを規定
RCS 2.0 - 2009年6月
高速回線を使用するの場合の仕様を追加 メッセージング機能を強化し、ファイル共有を追加
RCS 3.0 - 2009年12月
ブロードバンドデバイスとしての仕様を追加
RCS 4.0 - 2011年2月
LTEに対応するための仕様を追加
RCS-e 1.1 - 2012年4月
Rich Communication Servicesに改名 仕様を簡素化 自動設定機能・チャットなどを追加
RCS-e 1.2 - 2012年7月
誤りや、誤解を招きやすい記述を修正
RCS 5.0 - 2012年4月
他の通信キャリアとの相互接続性に関する仕様を追加
RCS 5.1 - 2012年4月
RCS-eを取り込む 位置情報に関する機能を追加 通信キャリアによってオプション機能の実装が異なるため、他の通信キャリアとの通信で問題が生じることがある。そこで相互接続性の向上のために具体的な実装仕様Universal Profile・joynが定められている。

[4]前ページ
(3.主な機能)
[6]次ページ
(4.1.Universal Profile)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/17 13:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant