PHS
▼人気記事ランキング
2.概要
2.3.日本の電話サービス
サービス上の料金制度として、月額基本料に無料通話分を含んだ、通話の状況に合わせたパック料金がある。料金前払いのプリペイド式PHSとして過去に「プチペイド」が存在した。

特殊簡易公衆電話(いわゆるピンク電話)、および新幹線公衆電話(回線が自動車公衆電話に切り替わる秋田山形新幹線を除く)からPHSに発信はできない。また、電報コレクトコールダイヤルQ2ナビダイヤルテレドーム等は利用不可。また、フリーダイヤル等は掛ける先(着信)側での契約がされていないと掛けられない。

留守番電話転送電話機能を備えたサービス・端末が一般的である。キャッチホン機能は提供されないことが多い。

PHS事業者のソフトバンク(旧・ワイモバイルウィルコムDDIポケット)は、音声通話定額制サービスを提供している。詳細は音声通話定額制を参照。

[4]前ページ
(2.2.主な特長)
[6]次ページ
(2.4.日本の事業者)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/25 13:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant