サービス終了のお知らせ
Osborne 1
▼人気記事ランキング
1.市場での経過
設計は、1976年パロアルト研究所アラン・ケイが試作した Xerox NoteTaker に強く影響されている[3]。Osborne 1 はリー・フェルゼンスタインが設計し、アダム・オズボーンが開発した。1981年4月に発表。アダム・オズボーンはコンピュータ関係の書籍を書いており、コンピュータの価格破壊を起こしたいと考えていた。
持ち運び可能なデザインであり、ABS樹脂製のケースに持ち手がついている[4]ミシンほどの大きさと重さで、旅客機の座席の下に納まる唯一のコンピュータだと宣伝された[2]HC-20のようなポータブルコンピュータに比べると重く、今では luggable(移動可能、可搬)という方がふさわしい。
不恰好なデザイン(第二次世界大戦中の携帯ラジオDC-3の計器パネルの中間[5])と重さ(フェルゼンスタインは2台の Osborne 1 を見本市会場までの4ブロック徒歩で運ぼうとして「両腕が肩から抜けそうになった」と述懐している[6])にもかかわらず、発表後の8カ月間で11,000台を売り上げた[7]。ピーク時の売り上げは1カ月で1万台に達している[7]1981年9月、Osborne Computer Company は1カ月の売り上げが100万ドルを突破した。同社が Osborne Executive などの改良した後継機を早まって発表したため、売り上げが急速に低下した[8]。このような現象を後にオズボーン効果と呼ぶようになった。
オズボーンは1982年から1985年までユーザー向けの雑誌 The Portable Companion を発行していた[9]
[6]次ページ
(1.1.プロトタイプ)

2. Fallows, James (1982年7月). “Living With a Computer”. Atlantic Magazine. 2010年5月21日閲覧。
3. “Xerox NoteTaker”. Computer History. 2010年5月21日閲覧。
4. “Osborne 1”. OldComputers.net. 2010年5月21日閲覧。
5. “Computers: Carry Along, Punch In, Read Out”. Time (Time Inc.). (1982年6月21日). http://www.time.com/time/printout/0,8816,925484,00.html 2011年4月3日閲覧。 
6. McCracken, Harry (2011年4月1日). “Osborne!”. Technologizer. 2011年4月3日閲覧。
7. Grzanka, Leonard G. (January 1984). Requiem for a Pioneer. Portable Computer. 
8. Rothman, David H. (1985). The Silicon Jungle. New York: Ballantine Books. p. 33. . 
9. “The Portable Companion”. 2009年8月1日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/02/22 14:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant