サービス終了のお知らせ
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
▼人気記事ランキング
概要
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(エヌティティコミュニケーションズシャイニングアークス, NTT Communications Shining Arcs)は、トップリーグ所属のNTTコミュニケーションズラグビーチーム。チーム所在地および練習拠点は千葉県浦安市。チーム名が(企業名自体も)長く、スコア表記などでは「NTTコム」と略される。

チームの概要[編集]

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、1976年発足の日本電信電話公社東京支社ラグビー部の創部を母体とする。1999年のNTT再編によりNTT東京ラグビー部とNTT神奈川ラグビー部が統合しNTT東日本ラグビー部が発足。その後、2007年7月1日にNTT東日本ラグビー部は、NTTコミュニケーションズラグビー部として活動開始した。2009年にはトップイーストリーグを制覇し、2010年には念願のトップリーグに初の出場となった。

チーム紹介[編集]

チームカラー
「ゴールデンイエロー」と「コバルトブルー」

チームスローガン
All Out Complete PADS

ホームグラウンド[編集]

アークス浦安パーク
住所 千葉県浦安市高洲8丁目2-1
交通手段 JR京葉線 新浦安駅下車 徒歩38分(東京ベイシティ交通バス 高洲南線:19番系統「高洲海浜公園」行「浦安南高校・特養ホーム前」停留所下車)

成績[編集]

リーグ戦戦績[編集]

1999-2000 関東社会人リーグ1部 グループB 準優勝(6勝1敗)
2000-2001 関東社会人リーグ1部 Aグループ 4位(3勝3敗1分)
2001-2002 関東社会人リーグ1部 Bグループ 3位(4勝3敗)
2002-2003 関東社会人リーグ1部 Aグループ 3位(5勝2敗)、トップイースト10へ参入
2003-2004 トップイースト10 4位(6勝3敗)
2004-2005 トップイースト10 3位(6勝3敗)
2005-2006 トップイースト10 3位(6勝3敗)、トップチャレンジ2に出場[1](3位)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップイースト10残留
2006-2007 トップイースト11 3位(8勝2敗)
2007-2008 トップイースト11 3位(8勝2敗)
2008-2009 トップイースト11 準優勝(8勝2敗)、トップチャレンジ2・2位、トップイースト11残留
2009-2010 トップイーストリーグ 優勝(11勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグへ昇格
2010-2011 トップリーグ 12位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
2011-2012 トップリーグ 9位(5勝7敗1分)
2012-2013 トップリーグ 9位(7勝6敗)
2013-2014 トップリーグ 13位(1stステージ・プールA 4勝3敗・5位、2ndステージ・プールB 4勝3敗・5位)、トップリーグ入替戦・勝利
2014-2015 トップリーグ 8位(1stステージ・プールA 4勝3敗・4位、2ndステージ・プールA 7敗・8位)
2015-2016 トップリーグ 8位(リーグ戦・プールA 4勝3敗・4位、順位決定トーナメント上位グループ 1回戦敗退、5-8位決定予備戦・敗戦、7位決定戦・敗戦)
2016-2017 トップリーグ 5位(9勝6敗)
2017-2018 トップリーグ 9位(リーグ戦・レッドカンファレンス 6勝6敗1分・5位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、9位決定戦・勝利)
2018-2019 トップリーグ 5位(リーグ戦・レッドカンファレンス 3勝4敗・4位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、5位決定戦・勝利 トップリーグカップ 7位(プール戦2勝1敗・2位、順位決定トーナメント、7位決定戦・勝利)
2019-2020 (トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦4勝1敗・2位)

獲得タイトル[編集]

2019年陣容[編集]

reference:[2]
太字は今年からの新加入選手

主将 金正奎


在籍した選手[編集]

アダム・パーカー
マーク・ジェラード(FB)
アダム・ウォレスハリソン
ヤコブス・ポールス・ネル(CTB)
オリバー・サンダーズ(SO、フィリピン代表)
角谷洋平(No.8)
加藤昭仁(HO、日本代表)
クレイグ・ウィング(CTB、日本代表)
木曽一(LO、日本代表)
君島良夫(SO)
栗原徹(WTB・FB、日本代表)
小嶋信哉(LO・FL、元バスケットボール選手のラグビー選手)
猿田智広(HO)
冨沢智也(SO・CTB)
濱田宇功(HO)
マット・サンダース(SO、フィリピン代表)
帯谷大介(SO・CTB)
伊藤拓巳(WTB)
岡健二(SH)
山下大悟(CTB)
秋葉俊和 (PR)
馬屋原誠 (LO)
甲斐尚哉 (PR)
川本祐輝 (SO)
小林訓也 (FL)
小峰徹也 (FL)
斉藤展士 (PR)
佐藤晴紀 (FB)
諸葛彬 (CTB)
ハヴィリ・リチャードアファ (CTB)
山崎章平 (No.8)
佐藤勇人 (PR)
石神勝 (LO)
八藤後裕太 (LO)
エルトン・ヤンチース (SO)
西村渉 (SO)
菊池功一郎 (WTB)
高悠也 (WTB)
フランクリン・カルゲイ (WTB)
マックス・ウッドワード (WTB)
小川優輔 (FB)
友井川拓 (SH)
種本直人 (HO)
杉浦直人 (LO)
沼尻大輝 (FB)
白隆尚 (HO)
楢山直幸 (PR)
溝口裕哉 (CTB)
小野寛智 (SO)
アレックス・マフィ (HO)
ガース・エイプリル (FB)
ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ (No.8)
小倉順平 (SO)

脚注[編集]

関連項目[編集]

ジャパンラグビートップリーグ
NTT東日本
浦安市
市川市(旧ホームグラウンドおよび練習拠点)
NTTコミュニケーションズ

NTTグループのラグビー部[編集]

NTTドコモレッドハリケーンズ(旧NTTドコモ関西ラグビー部。両者の対戦はNTTダービーと呼ばれている。)
スネイルズ(旧NTT西日本グループ大阪ラグビー部。2015年現在トップウェストBに所属。)
NTT日比谷ラグビー部(2015年現在関東社会人リーグ2部に所属。)
通研・NTTデータラグビー部(2015年現在関東社会人リーグ3部に所属。)

外部リンク[編集]

公式サイト
ShiningArcs - Facebook
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス (@ShiningArcs) - Twitter
NTT Communications ShiningArcs (shiningarcs_official) - Instagram

出典:Wikipedia
2020/02/22 18:03
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant