NHKデジタル衛星ハイビジョン
▼人気記事ランキング
1.概要
1.3.ニュース番組について
BShiでは、1994年(平成6年)11月から2000年(平成12年)11月までの実用化試験放送時代には『週刊ハイビジョンニュース』という番組を設けた。当時NHK記者でジャーナリストの吉村秀實らが進行を務めたもので、当時はまだハイビジョン機材が充分に備わっていなかったため、週1回その週のニュースをまとめる番組として放送された。

その後2000年(平成12年)12月から総合テレビの主なニュース番組の同時放送を実施。BShiの目的である「デジタル方式の放送へ円滑に移行するための放送」および難視聴対策を兼ねてのものであり、同時に総合テレビの他の番組も実施された。地上デジタル放送の全国的な本格普及(2006年12月1日で全国の都道府県庁所在地で開局)が進んだことにより、ニュース番組の同時放送は取りやめとなり、2006年12月31日の正午のニュースをもって終了。緊急を要する場合(地震・テロなど。大地震や津波を伴う場合は衛星全波を含む総合放送のテレビ・ラジオ全チャンネル共通編成になる)を除きBShiの報道番組は姿を消す。最後の同時放送は東北地方太平洋沖地震に伴うもので、全波同時だった。

[4]前ページ
(1.2.終了後の動向)
[6]次ページ
(2.沿革)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/20 14:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/23 更新
 1位日本
 2位清須会議 (小説)
 3位清洲会議
 4位逆鉾昭廣
 5位9月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant