サービス終了のお知らせ
N-アセチルグルコサミン
▼人気記事ランキング
概要
N-アセチルグルコサミンN-アセチル-D-グルコサミン、GlcNAc、NAG)は、グルコースの2位ヒドロキシル基がアセチルアミノ基に置換された単糖である。化学的にはグルコサミンの2位アミノ基をアセチル化することで容易に調製できる。いくつかの生化学的機構にとって重要な物質である。

GlcNAcは細菌細胞壁生体高分子の一部を構成している。そこではGlcNAcとN-アセチルムラミン酸 (MurNAc) が交互ユニットを形成しており、MurNAcの乳酸残基にテトラペプチドが結合している。この層をなしている構造はペプチドグリカンと呼ばれている。

GlcNAcは、昆虫甲殻類線虫など脱皮動物の外被の基質を構成しているキチン質のモノマーでもある。また、GlcNAcは疼痛の経路において非定型的な神経伝達物質として作用するとも考えられている。

効能[編集]

重症でない骨関節炎におそらく有効だが、ほかのデータは見つからない[1]

出典[編集]

関連項目[編集]

ケラタン硫酸
N-アセチルラクトサミンシンターゼ
ヒアルロン酸
出典:Wikipedia
2019/04/13 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant