サービス終了のお知らせ
N,N'-ジシクロヘキシルカルボジイミド
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
N,N'-ジシクロヘキシルカルボジイミド (N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide, DCC) は分子式C13H22N2で表される有機化合物であり、主にペプチド合成におけるアミノ酸カップリングや、脱水縮合剤に用いられる[1]。標準状態においては、刺激臭のする白色結晶として存在している[1]。融点が低いので取り扱いを容易にするためにしばしば溶融させて利用される。ジクロロメタンテトラヒドロフランアセトニトリルおよびジメチルホルムアミドなどの有機溶媒に対しては高い溶解度を示すが、水に対しては不溶である。ジシクロヘキシルカルボジイミドはしばしばDCCと略して呼ばれる。
目次
1.構造およびスペクトル
2.合成
3.反応
├3.1.フィッツナー・モファット酸化
├3.2.脱水
├3.3.第二級アルコールのワルデン反転
└3.4.エステル化
4.DCCによるペプチドカップリングの促進
5.安全性
6.出典
7.関連項目
8.外部リンク

1. “N,N’−ジシクロヘキシルカルボジイミド MSDS”. 厚生労働省. 2012年8月13日閲覧。

出典:Wikipedia
2018/02/21 11:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant