サービス終了のお知らせ
Multiple Sub-Nyquist Sampling Encoding
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
MUSE(Multiple Sub-Nyquist Sampling Encoding)とは、NHK放送技術研究所が1984年に開発した[1]ハイビジョン向けの映像圧縮技術である。日本におけるBS放送向けに開発されたがアメリカでのBS放送の便も考慮され[2]、CATVや標準テレビ放送と同様にVSB-AM変調による地上波での放送実験、マイクロ波による中継実験[3]、現在のデジタル放送で採用されているISDBシリーズが備えているような字幕・データ放送の実験[4]などの諸実験が行われ、ハイビジョンLDの記録方式としても採用された[5]。この他にもBSを通じてMUSEによる有料放送を行うべくそれに関する仕様が定義され[6][7]MUSEデコーダを内蔵したテレビの説明書にデスクランブラの接続についての記載されたり[8]していた。
目次
1.ハイビジョン放送実用化への課題
2.MUSEの特徴
3.MUSEのしくみ
├3.1.映像の圧縮[11]
├3.2.音声の圧縮[17]
└3.3.開発初期のMUSE
4.MUSEのなかま
├4.1.MUSE-T[25]
└4.2.ATV向けのMUSE
5.参考文献と注釈
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/05/24 15:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant