サービス終了のお知らせ
MMR マガジンミステリー調査班
▼人気記事ランキング
3.今までの予言
※大半がキバヤシの持論である。

太古から宇宙人は人間を採取しているが、政府はそれを黙認している。バーコードには666の数字が埋め込まれている。
アメリカソ連、日本は超能力者を軍事目的に養成している。
単行本2巻
1981年1月21日、日本人の救世主が生まれている。
宇宙人バシャールは人類への警告としてミステリーサークルを作っているが、宇宙人グレイはそれを混乱させるための偽のミステリーサークルを作っている。
1999年、聖書通り最終戦争を起こせば救世主が現れると考える組織と宇宙人グレイが日米摩擦を操り核戦争が勃発。宇宙人グレイは地球人の遺伝子を自分の体に取り込めるようにするため、地球人を全面核戦争による放射能汚染突然変異させようと考えている。
単行本3巻
人は日々サブリミナルメッセージで洗脳され、偽救世主が各国で台頭している。
1999年、太陽黒点周期が低迷し大不況が起こる。
緯度48°線上にあるアメリカ、ドイツイギリスフランス中国ロシア、日本の7箇国から偽の救世主が誕生する。その救世主はピラミッドに保存された偉人のDNAを復活させて作られている。
単行本4巻
2000年9月、小惑星トータチスが地球に衝突するが、選ばれた人間は宇宙人の手によって火星に脱出するが、情報の混乱を避けるため、国民には隠されている。
富士山が一度噴火すると、日本中の休火山が連鎖噴火を起こし、日本はムー大陸同様沈没する。
単行本5巻
1999年、絶滅した宇宙人の幽子が地球人に憑依し、人間は人間の姿を維持できなくなる。UFOは乗り物ではなく宇宙人の幽子である。
自民党が分裂し、世界規模で経済バランスが崩れる。
1999年8月18日、グランドクロス太陽系惑星引力地球に集中し、ヴァン・アレン帯が壊れ宇宙線が地球に降り注ぐ。
単行本6巻
ヒットラーの末裔(まつえい)達はチベットの風水術を使って気の集積所である日本の気の流れを変える事で地球に超異常気象を起こし、飢饉で世界を支配しようとしている。
1999年、1994年7月17日に木星シュメーカーレビー彗星が衝突したために、木星に存在した未知のウイルスが地球に飛来し、既知の細菌を猛毒化させるが、遺伝子選別で選ばれた人間だけは耐性があるので生き残る。
単行本7巻
マッドサイエンティスト(汚れた科学者)達は人工衛星からのマイクロ波を使って人類を群発自殺させ増え過ぎた人口を減らそうとしているが、それは世界中のピラミッドが発信するアルファ波のバリアによって防がれる。
1995年、五黄殺の年の五黄殺の月に満月と新月になる8月11日、8月26日、9月9日、地球上のどこかで地震が起こる。
単行本8巻
オゾンホールから漏れた紫外線放射線によってプリオンが凶暴化し、生物は死に至る。
ウイルス進化論者は子供達をウイルスに感染させ人工的な進化を起こし、ネオテニーを作り出している。
軍産複合体は戦争を欲していて、人工生命体を用いたコンピュータードラッグで人間を殺人兵器に作り変えようとしている。
単行本9巻
グランドクロスの時、9つの惑星[1]の引力の影響でマグマ活動が活発になり、地磁気が乱れることでポールシフトが起こり、地球の気候が瞬間的に逆転する。
南米に存在するナチスの残党は宇宙人の技術を用いて人間の冷凍保存に着手しており、ポールシフトの際に世界を支配しようとしている。
電磁波の乱発によって人間のDNAがちぎれ、その瞬間高熱が発生し人体は発火してしまう。一部の人間はこれを予知夢で見ている。
単行本10巻
病原菌の進化速度が急激に速まり、既知の病原菌が耐抗生物質病原菌に生まれ変わる。
国民はナノロボットを注射され、脳を一部権力者に操られる。
国民は絶命遺伝子(寿命コントロール遺伝子)が組み込まれた食品を食べさせられ、一部権力者に寿命を握られる。
単行本11巻
風の1/fの揺らぎ高層ビルによって壊され、壊れた風を受けた人間は犯罪に走る。凶悪犯罪の数が閾値を超えると形態共鳴が発生し、人間は意思では拒絶しつつも殺人を犯してしまう。
火山の噴火によって酸素濃度が低下し、広範囲で窒息死が起こる。
単行本12巻
環境ホルモンによって体内時計が狂い、人間は火星の生活に適した体になる。
1999年9月9日、2000年問題で誤作動を起こした人工衛星が搭載した実験用細菌を突然変異させ、太陽の極大期と共に地球に降り注ぐ。
単行本13巻
1999年8月11日、グランドクロスで起きた引力暴走によってヴァン・アレン帯が壊れ降り注いだ宇宙線で人間のDNAの塩基が緩み遺伝子改造によって殺虫剤に耐性を持った蚊が性格遺伝子を注入すると人間の人格が権力者の都合の良い様に改造される。
秘密結社『神の言葉』は始皇帝が保存した隷属遺伝子をインフルエンザウイルスに組み込み、世界中の人間に感染させようとしている。
人間の可能性は無限である。
新世紀黙示録MMR Resurrection
1999年は滅びの始まりであり、ギリシャとイタリアの財政が疲弊した今、再稼働された原子力発電所の温排水が日本海に多いメタンハイドレートを分解すると温室効果が加速しオゾンクラッシュで紫外線が増えエターナルフィードバックで地球は灼熱の星に成るがイルミナティ(レジデントオブサン)達は火星に脱出する。
2012年12月22日、フォトンベルトに突入した地球は磁場が弱まり降り注いだ大量の放射線が人体内の古細菌アーキアを突然変異させ人間の体は喰い尽くされる。
[4]前ページ
(2.5.石垣ゆうき版 新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!)
[6]次ページ
(4.雑学)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/21 18:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant