サービス終了のお知らせ
MMR マガジンミステリー調査班
▼人気記事ランキング
2.1.2.その他
伊集院光は『MMR』を『週刊少年マガジン』史上最高のギャグ漫画と評していた[3]。伊集院はキバヤシについて「キバヤシさんていうのは、昔ね『金田一少年の事件簿』を立ち上げた時の編集部員で、何つったらいいのかな青瓢箪?って感じの人なんです俺がそん時会った時には。(中略)仇名を付けるとするならもやしっ子って感じの人だったんですけど(中略)あと絶対付けて欲しいのは、キバヤシさんの生写真。これを付けて貰う事で、子供達はほっとする事ができます。「あ、漫画は漫画だ」っていうそのほっと感が出ますんで」と実物と漫画の違いを評している。実物と漫画のキバヤシの違いは単行本6巻のおまけ漫画でもネタにされている。
サイエンスエンターテイナーあすかあきおは、MMR開始前にキバヤシと会いMMRのシンクタンクとしての仕事を打診されていたが名前が出ない事を理由に断っている[4]。単行本1巻の監修は南山宏が担当している。
2000年から2002年にかけて小学館の雑誌『別冊コロコロコミック』にて、オカルトを題材とし小学館の社員が謎を調査するという高野聖ーナによる『CCC -コロコロ超常現象調査団-』が連載されていた。
2003年10月から講談社の『コミックボンボン』にて、読者の周りの不思議な体験を捜査するというきむら繁による『科学特捜BBR』が連載された。本作のイケダもコミックボンボン編集部員として登場する。同時期の同誌には石垣ゆうき作『マジシャン探偵A』も連載されていた。
2004年の週刊少年マガジンにて西本英雄による『西本英雄のマガジン調査隊(仮) もう、しませんから。』が連載される。
漫画家の美川べるのは『別冊フレンド』の「BMR(別フレミステリー調査班)」のリーダーとして『週刊少年マガジン』とも合同調査を行った事がある。
ミリオン出版の『漫画実話ナックルズ』には、同じくオカルトを題材とした『KMR(ナックルズ・ミステリー・調査班)』という漫画がたまに掲載される事がある。初掲載作は『漫画実話ナックルズ』2009年7月号の『2012年 人類が滅亡する日』。
2008年3月26日、ゲームポットは『MFO(モンスターファームオンライン)』と『MMR マガジンミステリー調査班』との連携企画として『MMR』の登場人物が攻略法を指南する攻略ページや、漫画のコマに利用者が好きなセリフを当てはめられるサービスを提供した。
モンスターファーム調査班(MFR)
MFRジェネレーター
モンスターファームオンライン 公式ブログ | 明日 ヤツが帰ってくる?
2008年9月、『週刊少年サンデー』・『週刊少年マガジン』創刊50周年記念として、『週刊少年サンデー』と『週刊少年マガジン』に連載された漫画がそれぞれ8作品ずつサカモトのコミックスメモの題材とされたが、本作も50年間の『週刊少年マガジン』作品を代表する8作品の内の1作に選ばれ、少年マガジンコミックスメモシリーズとして発売された。表紙は単行本7巻の表紙を引用している。
少年マガジンコミックスメモ(サカモトプレスリリースBLOG)
2009年11月30日 コードマスターズの『Operation Flashpoint: Dragon Rising』公式サイトにて、本編をコラージュした宣伝漫画が掲載された。
『Operation Flashpoint: Dragon Rising』特設ページ
2014年3月20日発売のPlayStation Vita専用ソフト『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION』の特設サイトにおいてコラボ企画が掲載されておりMMRの面々が同作の世界観を読み解く宣伝画像やMMRと同作の登場人物たちのインタビューという形式のキャラトークが見られる。
[4]前ページ
(4.雑学)
[6]次ページ
(6.出版情報)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/21 18:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant