サービス終了のお知らせ
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
▼人気記事ランキング
9.球場特別ルールについて
本球場の特徴の一つに、内野スタンドの最前列部分がグラウンドレベル(地表面)から約90cm程度掘り込まれていることが挙げられる。これは臨場感を売りとする「砂かぶり席」と、メジャーリーグのスタジアムに倣い、低い位置にダグアウトを設けるために配慮されたものであるが、ダグアウト横に設置されたカメラマン席も同様に低い位置となっている。
「砂かぶり席」とダグアウトの前面には、フィールドでプレーする選手がファウルボールを追った際に床下に転落しないよう、高さ90cmのフェンスが備え付けられているのに対して、カメラマン席の前面はカメラマンの撮影を妨げないよう、高さを55cmに抑えた塀が代わりに設置されている(併せてカメラマンの撮影体勢を保持するための足場も設置された)。

球場開場前に行われた実戦練習にて、当時の広島監督・マーティ・ブラウンはカメラマン席の塀が「砂かぶり席」のフェンスと比べて高さが抑えられたことに対して、選手がファウルボールを追った際に転落してしまう可能性を指摘した。

選手の安全面に万全を期すため、広島球団と審判団が話し合った結果、カメラマン席の塀に選手が足をかけたり尻や膝を乗せる等、体をあずける体勢になった時点で、仮に捕球してもファウルボールと判定することになった(塀に手を添える程度で捕球した場合はバッターアウトになる)。なお、このルールが適用されるのはカメラマン席に限定されており、「砂かぶり席」・ダグアウト前のフェンスについては、それに体をあずけてフライを捕球した場合でも通常通りバッターアウトが宣告される。

[4]前ページ
(8.試合中の演出)
[6]次ページ
(10.球場の名称について)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/28 23:04
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant