M-1グランプリ
▼人気記事ランキング
7.歴代の決勝結果
6.1.第1回(2001年)
備考
ファーストラウンドで1番目と最後(10番目)にネタをしたコンビが最終決戦に進出したのは、2016年現在唯一である。
第2回以降の方式に合わせた場合、決勝の中川家の596点は歴代最低の決勝1位通過点数であり、チュートリアルの483点は歴代最低点数である。
ファーストラウンドと最終決戦の両方でトップバッターを務めて優勝したコンビは2017年時点で中川家のみとなっている。
歴代のチャンピオンが4組出場していた(歴代最多)。
[4]前ページ
(7.歴代の決勝結果)
[6]次ページ
(7.2.第2回(2002年))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/14 13:30
ソ人気記事ランキング
2018/05/25 更新
 1位栗城史多
 2位エジプト航空804便
 3位津川雅彦
 4位5月24日
 5位5月25日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant