サービス終了のお知らせ
Lab色空間
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
Lab色空間(エル・エー・ビーいろくうかん、: Lab color space)は補色空間の一種で、明度を意味する次元 L と補色次元の a および b を持ち、CIE XYZ 色空間の座標を非線形に圧縮したものに基づいている。
Hunter 1948 L, a, b 色空間の座標軸は Lab である[1][2]。しかし最近では CIE 1976 (L*, a*, b*) 色空間の非公式な略称としても Lab が使われている(こちらは CIELABとも呼ばれ、座標軸は実際には L*a*b* である)。このため、単に Lab と記述すると若干あいまいとなる。これらの色空間は用途は相互に関連しているが、実装は異なる。
どちらの色空間もマスターの色空間である CIE 1931 XYZ 色空間から派生したもので、CIE 1931 XYZ 色空間はどのスペクトル出力分布が同じ色として知覚されるかを予測できるが、知覚的均等性はなかった[3]マンセル・カラー・システムに強く影響され、どちらの"Lab"色空間もXYZ空間から単純な式で変換できるが、XYZよりも知覚的に均等になっている[4]。「知覚的に均等」とは、色の値が同じだけ変化したとき、人間がそれを見たときに感じられる変化も等しいことを意味する。色を有限精度の値で表すとき、これによって色合いの再現性が向上する。どちらのLab色空間も、ホワイトポイントの変換前のXYZデータについて相対的である。Lab値は絶対的な色を定義するものではなく、あくまでもホワイトポイントを指定した上での相対的値である。実際にはホワイトポイントには何らかの標準を仮定し、明確に示さないことが多い。例えば、絶対的値を示すレンダリングインテントである ICC L*a*b*CIE標準光源 D50 をホワイトポイントとした相対値であり、他のレンダリングインテントとは相対的関係にある[5]
CIELABにおける明度は相対輝度の立方根を使って計算され、Hunter Lab では平方根を使う(近似方法がやや古い)[6]。既存の Hunter Lab 値と比較するなどの用途以外では、一般にCIELABの使用が推奨されている[6]
目次
1.Labの利点
2.様々な "Lab"
3.CIE 1976 (L*, a*, b*) 色空間 (CIELAB)
├3.1.色の違いの測定
├3.2.RGBやCMYKとの変換
├3.3.L*a*b* 座標の範囲
└3.4.CIE XYZ との変換
4.Hunter Lab 色空間
├4.1.KaKb の近似式
└4.2.アダムズ色価色空間としての Hunter Lab 色空間
5.脚注・出典
6.外部リンク

1.
2.
3. A discussion and proposed improvement, Bruce Lindbloom
4. modern color models - CIELUV uniform color space, Bruce MacEvoy
5. International Color Consortium, Specification ICC.1:2004-10 (Profile version 4.2.0.0) Image technology colour management ? Architecture, profile format, and data structure, (2006).
6. Hunter L,a,b Versus CIE 1976 L*a*b* (PDF)

出典:Wikipedia
2017/05/27 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant