LSD (薬物)
▼人気記事ランキング
3.薬理効果
3.3.身体的作用
LSDを服用すると、精神症状発現前に散瞳深部反射の亢進、心拍数や血圧や体温の上昇、軽い目眩あるいは吐き気、悪寒、疼き、振戦、緩徐な深い呼吸、食思不振、不眠等、交感神経系の症状が起こる[77]。これらの症状はこれから起こる危機に対して身体を準備する交感神経の活動だと考えられており、使用量の多少に相関しない[77]。ここで起こった身体的作用は発現する精神症状に影響を及ぼすことが多い[77]
また、子宮収縮作用があるので妊婦は服用に際し注意を払わなければならない。

なお、身体依存は全く無いか、あってもごく僅かとされている[85]

なぜLSDが幻覚を引き起こすのかについては未だに分かっていない。多くの支持を集め、アルバート・ホフマンも支持をしていたセロトニン阻害説であるが、セロトニンを阻害するもののサイケデリック体験を引き起こさない物質(2-ブロモ-LSD)が存在するために確定的とは言えず、縫線核のセロトニンニューロンの電気活動抑制説も同様に、ニューロン発火を抑制しないもののサイケデリック体験を引き起こす物質(メスカリン)やサイケデリック体験を引き起こさないもののLSD程度にニューロン発火を抑制する物質(リスリド)が存在するために確定的とは言えない[5]。現在では青斑核ノルアドレナリンニューロン知覚刺激反応を間接的に増強させるため、との説が有力視されており、また最近ではLSDがセロトニン受容体のサブタイプS2に強く働くことが発見され、幻覚発現と何らかの形で関係している可能性がある[5]

[4]前ページ
(3.2.毒性)
[6]次ページ
(3.4.精神的作用)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/21 03:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/18 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月17日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant