Jailbreak
▼人気記事ランキング
1.iOSにおけるJailbreak
1.2.アップルの見解
アップルはJailbreakについてこれまでコメントを避けていたが、2009年2月に「Jailbreakが、著作権で保護されているファームウェアを無効にする行為は、アップルの著作権やデジタルミレニアム著作権法に違反する」というコメントをアメリカ著作権局に提出した[6]

ただし、アメリカの非営利組織である電子フロンティア財団(EFF)が、Jailbreak行為をデジタルミレニアム著作権法から免除する要請をアメリカ著作権局に2008年12月申請し[7]、2010年7月に「ユーザーが合法的に入手したアプリケーションなどを実行するためにJailbreakする行為」や「携帯電話を他の携帯キャリアに接続させるためのJailbreak」などは合法との判断を下している[8]。また、アップルがアメリカ合衆国特許商標庁に提出したiPhone関連の特許出願図の中に、Jailbreak後に利用できるiPhoneアプリの名称が掲載されており、物議をかもした[9]。Appleはこの現状(Jailbreakする事)に対して、対策を行おうとアップデートを繰り返すが、あるセキュリティーホール(脆弱性)を塞いでも、新たなセキュリティーホールが発見されてしまうのでいたちごっこ状態になっている。また、Appleはユーザー向けに、Jailbreak行為のリスクを告げるページを公開している。[10]

[4]前ページ
(1.1.アンロックとの相違点)
[6]次ページ
(1.3.日本国内での違法性)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/16 19:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant