サービス終了のお知らせ
JVCケンウッド
▼人気記事ランキング
概要
株式会社JVCケンウッド(ジェーブイシーケンウッド、英語: JVC KENWOOD Corporation)は、神奈川県横浜市神奈川区に本社を置く、映像機器・音響機器・無線機器・音楽映像ソフトメーカーである。

コーポレート・ステートメントは「JVCKENWOOD creates excitement & peace of mind For the people of the world」である。

設立経緯と事業遷移[編集]

2008年(平成20年)10月1日に、日本ビクター株式会社株式会社ケンウッドが経営統合のため、共同で株式移転を行い、両社の持株会社JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社として設立した。

日本ビクターの松下グループ(現・パナソニックグループ)からの離脱を機に設立されたため、かつての親会社だったパナソニック持分法適用関連会社となっていたが、2011年(平成23年)1月の第三者割当増資により20%以下となり、持分法適用会社から外れる。

2011年8月1日に、JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社から株式会社JVCケンウッドに商号変更し、同年10月1日には傘下の3事業会社(日本ビクター株式会社、株式会社ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス株式会社)を吸収合併して、事業会社となる。

沿革[編集]

2007年
7月24日 - 日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドが、資本・業務提携。同時に経営統合の検討開始も発表。
8月10日 - 提携を受けて、日本ビクターが、ケンウッドとスパークス・グループを割当先とする350億円の第三者割当増資を実施。
10月1日 - 日本ビクターとケンウッドの技術開発合弁会社、J&Kテクノロジーズ株式会社(後のJ&Kカーエレクトロニクス株式会社)を新設。
2008年
5月12日 - 日本ビクターとケンウッドが、株式移転を行い、共同持株会社を設立することで経営統合することに合意。
6月27日 - 日本ビクターとケンウッド双方の株主総会で経営統合を承認。
10月1日 - 株式移転により、JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立。同時に東京証券取引所第1部に上場(証券コード:6632)。
2010年
6月14日 - 2010年10月1日に、予定していた事業子会社3社との合併の延期を発表[1]
8月1日 - 普通株式10株を1株とする株式併合を実施。
2011年
1月25日 - パナソニック株式会社の持株比率が20%以下となり、持分法適用対象外となる。
8月1日 - JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社から株式会社JVCケンウッドに商号変更。
10月1日 - 事業子会社3社(日本ビクター、ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス株式会社)を吸収合併し、事業会社となる。
2012年1月5日 - パナソニックが株式の大半を売却し(持株比率1.75%へ低下)、提携や協力関係を解消[2][3]
2012年2月1日 - 子会社のビクターファイナンス株式会社及び株式会社ケンウッド・システムズの2社を吸収合併[4]
2013年7月1日 - 東京特殊電線株式会社より、医療用ディスプレイ事業を会社分割により承継する。当該製品の製造事業所であった東特長岡はJVCケンウッド長岡として、JVCケンウッドの子会社となる。
2014年3月25日 - 北米向けデジタル無線規格P25に対応した業務用無線システムを手掛けるE・F・ジョンソンカンパニー英語版の全株式を取得し、JVCケンウッドの連結子会社とする。
2015年4月 - 子会社であるテイチクエンタテインメントの株式を業務用カラオケ機器大手のエクシングに譲渡[5]
2017年3月 - カードプリンタ事業を分割し、株式をAZ-Star 1号投資事業有限責任組合および兼松株式会社に譲渡[6]
2017年4月 - JVCケンウッド・ケネックス及びJVCケンウッド・ホームエレクトロニクスを吸収合併[7][8]

自社ブランド[編集]

日本ビクターとケンウッドの合併により、両社が使用してきたブランドを引き続き使用しており、商品カテゴリによってブランドを使い分けている。2013年(平成25年)から東京特殊電線から継承したTOTOKUブランドを追加したが、2018年7月1日以降はJVCブランドに切り替えている。

高級オーディオ(2012年以降に開発された製品)、ゼネラルオーディオ、ポータブルオーディオ、AVアクセサリー(2012年以降に開発・リニューアルを実施した一部の接続コード、ヘッドフォンなど)、プロジェクタービデオカメラカーナビゲーション(海外市場のみ)カーオーディオ(海外市場のみ)、ドライブレコーダー、医用及び産業用モニター、記録メディア(超プレミアム系DVD-Rのみ)
KENWOOD
高級オーディオ、ゼネラルオーディオ、カーナビゲーション、カーオーディオ、ドライブレコーダー、無線機
Victor
高級オーディオ(2011年以前と2017年度以降に開発の製品)、AVアクセサリー(2011年以前に発売された製品まで)、インテリア(2014年まで)、記録メディア(2015年まで)、USBメモリ(2015年まで)、SDメモリーカード(2015年まで)、音楽ソフト、映像ソフト 2017年の春日無線電気商会創立70周年と日本ビクター創立90周年に合わせ、「JVCブランドとケンウッドブランドに当てはまらない、独創的な製品を展開するブランド」としてブランドを復活することになった[9]。また、同年12月から、三菱ケミカルメディア発売の記録メディアでも、既存のVerbatimブランドにとMITSUBISHIブランド(以上はアイ・オー・データ機器が総代理店)に加えVictorブランドの使用を開始した(こちらは問い合わせ先にJVCケンウッドの電話番号が掲載されている)。
医用及び産業用モニター(2018年7月1日以降はJVCブランドに切替)

主な事業[編集]

オートモーティブ分野[編集]

カーナビゲーションカーオーディオドライブレコーダーヘッドアップディスプレイなど

パブリックサービス分野[編集]

業務用無線システム事業[編集]


業務用無線機、特定小電力トランシーバーアマチュア無線機器など

業務用システム事業[編集]


セキュリティカメラ、業務用音響システムなど

ヘルスケア事業[編集]


医療用ディスプレイなど

メディアサービス分野[編集]

メディア事業[編集]


ビデオカメラ、プロジェクター、オーディオ、ヘッドホン、映像・光学デバイスなど

エンタテインメント事業[編集]


音楽ソフト、映像ソフトなど

主要グループ会社[編集]

日本国内[編集]

生産会社[編集]


JVCケンウッド山形
JVCケンウッド長野
JVCケンウッド長岡(旧:東特長岡)
JVCケンウッド・デバイス
JVCケンウッド・クリエイティブメディア
JVCケンウッド・インテリア

主要連結会社[編集]


JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
JVCケンウッド・公共産業システム
JVCケンウッド・ビデオテック
JVCケンウッド・サービス
JVCケンウッド・エンジニアリング
JVCケンウッド・デザイン
JVCケンウッド・パートナーズ

日本国外[編集]

生産会社[編集]


JVCKENWOOD Electronics Malaysia Sdn. Bhd.(マレーシア
JVCKENWOOD Electronics (Thailand) Co., Ltd.(タイ
JVCKENWOOD Optical Electronics (Thailand) Co., Ltd.(タイ)
P.T. JVC Electronics Indonesia(インドネシア
Shanghai Kenwood Electronics Co. Ltd.(中国

事業運営会社[編集]


JVCKENWOOD USA Corporation(アメリカ合衆国
JVCKENWOOD Canada Inc.(カナダ
JVCKENWOOD Latin America, S.A.(パナマ
JVCKENWOOD do Brasil Comercio de Eletronicos Ltda(ブラジル
JVCKENWOOD U.K. Limited(イギリス
JVCKENWOOD Italia S.p.A.(イタリア
JVCKENWOOD Deutschland GmbH(ドイツ
JVCKENWOOD Belgium N.V.(ベルギー
JVCKENWOOD Europe B.V.(オランダ
JVCKENWOOD RUS Limited Liability Company(ロシア
JVCKENWOOD Gulf Fze(アラブ首長国連邦
JVCKENWOOD Sigapore Pte. Ltd.(シンガポール
JVCKENWOOD Malaysia Sdn. Bhd.(マレーシア)
JVCKENWOOD Thailand Co., Ltd.(タイ)
PT. JVCKENWOOD Indonesia(インドネシア)
JVCKENWOOD Australia Pty. Ltd.(オーストラリア
JVCKENWOOD (China) Investment Co., Ltd.
JVCKENWOOD Hong Kong Ltd.

主要海外関連会社[編集]


Zetron, Inc.(アメリカ合衆国)
EF Johnson Technologies, Inc.(アメリカ合衆国)
ASK Industries S.p.A.(イタリア)
Radio Activity S.r.l.(イタリア)
Rein Medical GmbH(ドイツ)
JVCKENWOOD Technologies Singapore Pte. Ltd.(シンガポール)
JVCKENWOOD Hong Kong Holdings Ltd.(香港

エリア放送[編集]

日本国内において地上一般放送局の免許を受け、ワンセグエリア放送を実施していた。

免許年月日 平成25年9月19日
免許有効期限 平成25年12月31日

脚注[編集]

関連項目[編集]

日本ビクター
ケンウッド
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
テイチクエンタテインメント
太陽誘電
三菱ケミカルメディア - 2017年12月以降より既存のVerbatimブランドに加え、新たにVictorブランドの光ディスクメディア各種(CD-R/CD-RW・DVD-R/DVD-RW・BD-R/BE-RE)を製造・販売している。
東京特殊電線
デンソー
Kseries - ケンウッド時代から現在も販売しているミニコンポのブランド名。
マクラーレン - F1チーム、1991年日本GPから無線機材を供給している。
ニッパー (犬)
UEFA欧州選手権
横浜スタジアム
LCOS - D-ILAというサブブランドを用いて民生用高級プロジェクター・業務用スーパーハイビジョンプロジェクターを製造。
倍速液晶 - 2005年に世界で初めて映像の動き補間による倍速技術を搭載した動画ボケの少ない液晶テレビを発売した。
多国籍企業
SUPER GT - 各競技車両の車載カメラを提供。ただKENWOODブランドでなくJVCブランドでの提供となる。

外部リンク[編集]

株式会社JVCケンウッド
出典:Wikipedia
2020/03/20 05:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant