サービス終了のお知らせ
JR東日本キハ100系気動車
▼人気記事ランキング
概要
キハ100系・キハ110系気動車(キハ100けい・キハ110けいきどうしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の一般形気動車

概要

老朽化したキハ20系キハ45系などの取り替えとローカル線における輸送サービスの改善を目的に製造され、1990年平成2年)3月10日北上線でキハ100形、釜石線山田線でキハ110形量産先行車がそれぞれ営業運転を開始した。製造メーカーは富士重工業および新潟鐵工所である。

気動車であるが、車体と台車の軽量化を図り、高出力直噴式エンジンと効率の高い液体変速機との組み合わせにより電車並みの加速性能を有している。ブレーキシステムも電車で実績のある応答性の高い電気指令式を採用し、連結器も密着連結器であるため、従来形気動車との併結はできない(但し、後年開発されたキハE130系などとは併結が可能)。

本系列の導入により、特に急勾配の多い山岳路線では速度向上による時間短縮が実現した。さらに冷房装置を搭載したことにより、夏期における旅客サービスの向上が図られている。

車両系列・形式の呼称について

本系列には短尺車体(16 m級)のグループと長尺のグループ(20 m級)とがある。本項目では便宜上、短尺車体のグループをキハ100系、長尺車体のグループをキハ110系と呼称する。

両車は基本設計に共通部が多いこともあり、「キハ100・110系」と呼称される[1]

キハ100系


16 m級車体(後年の設計変更で17 m級車も存在)の車両である。いずれも両運転台

キハ100形
キハ101形(トイレなし)
キハ103形(改造車。実質片運転台。710番台のみに設定)

キハ110系


20 m級車体となっており、片運転台車も設定されている。キハ111形とキハ112形はそれぞれ単独で運用することも可能であるが、基本的に同番号の車両とユニットを組んで運用される。

キハ110形:両運転台車
キハ111形:片運転台車
キハ112形:片運転台車(トイレなし)
キクシ112形:片運転台車(改造車。エンジンなし。700番台のみに設定。)

諸元

車体

車体は角を落とした独特の形状、普通鋼製ながら板厚の見直しと強度に無関係な箇所への穿孔、プラグドア化および固定窓化による側構体の厚みの低減(50 mm、通常の電車は100 mm)により軽量化を図っている。一方でキハ54形などの従来型気動車なみ[2]の車体前面強度を確保している。なお、キハ101形および各型式の200番台以降はさらなる車体の強化とドアの引き戸化が行われている。

床面高さは1,175 mmであり、地方線区の低いプラットホーム[注 1]に対応するため出入り台にはステップ(高さ1,036 mm)が設けられている。なお、キハ101形および各型式の200番台以降ステップ高さは970 mmに変更されている。窓は複層ガラスの固定窓である。

塗装は一部の特別仕様車を除いて共通となっており、わずかに緑がかった白色(「ベリーペールグリーン」)を基本に、車体隅などに「ダークライムグリーン」をアクセントとした。

機関

キハ100系はDMF11HZコマツ製SA6D125H)またはDMF13HZ新潟鐵工所製)、DMF14HZカミンズ製NTA855-R1)(ともに連続定格出力330 PS/2,000 rpm、排気量コマツ製11,045 cc、新潟鐵工所製12,742 cc、カミンズ製14,016 cc)、キハ110系はDMF13HZA(新潟鐵工所製)またはDMF14HZAカミンズ製NTA855-R4)である(ともに連続定格出力420 PS/2,000 rpm、排気量は13.3または14.0 l)。いずれも小型軽量の直列6気筒直接噴射式エンジンで、排気タービン過給器吸気冷却器付きであり、これを1台搭載している。小型軽量のエンジンで、乾燥重量キハ40系のDMF15HSAの2,720 kgに対して1,365 kgとなっている。

液体変速機

変速機は試作車・量産車を通じ、すべての形式がトルクコンバータを1組内装する液体式である。

キハ100系はDW14Bを1台、キハ110系についてはDW14A-Bを1台搭載する。湿式多板クラッチ式の変速1段、直結2段の多段式で、トルクコンバータは3段6要素である。コンバータブレーキ機能も搭載している。

なおキハ110形量産先行車は充排油式の変速1段、直結(流体継手)1段式のフォイト製T211rzで、リターダブレーキ機能付きであったが、量産化改造時に他と同様とされた。

いずれもプログラマブルコントローラにより機関とともに制御され、力行指令は5ノッチ、変直の切り換えも自動である。

ブレーキ

応荷重装置電気指令式空気ブレーキ装置で、制御装置形式はC-76、常用(8ノッチ)、非常、直通予備(保安ブレーキとして使用)、耐雪、抑速(2段指令で押しボタン式)の各ブレーキを装備している。このうち、抑速ブレーキは機関ブレーキ+コンバータブレーキ(キハ110形量産先行車はリターダブレーキ)で対応し、空気ブレーキは使用しない。ブレーキシステムも電車で実績のある応答性の高い電気指令式を使用している。

性能

キハ110系の50 km/h での動輪周引張力は約1,300 kg で、キハ20系の約600 kg や、キハ40系の約800 kg と比較して大幅に向上している。キハ100系・110系とも25 の上り勾配で、補機負荷100 %・乗車率100 % でも60 km/h 以上の均衡速度となっている。

台車

いずれもボルスタレス式空気ばね台車で、動台車は2軸駆動、基礎ブレーキはユニット式である。

キハ100系は動台車がDT59・従台車はTR243となっている。

キハ110系は動台車がDT58・従台車がTR242であるが、量産車では動台車が減速機の歯数比の変更によりDT58Aに区分されており、200番台の陸羽東線・陸羽西線向け増備車については台車は軸ばねをロールゴムから円すいゴムへ変更した、DT58B形・TR242A形となっている。

キハ100系とキハ110系では軸距の違い(2,000 mmと2,100 mm)がある。

冷暖房

冷房コンプレッサを機関で駆動する機械式のAU26J-B×1台(キハ100形)・AU26J-A×2台(キハ110・111・112形)で、除湿機能付き、暖房は機関の廃熱を利用する温水・温風方式であるが、始動性のよい直噴エンジンの採用により機関予熱器を装備しないため、下り勾配での暖房能力低下対策としてコンバータブレーキでの変速機油の廃熱を暖房に利用している[注 2]

その他機器

車内温度保持のために、客用ドアは半自動扱いを可能としており、ドアの横に開閉スイッチが設置されている。また、ドアチャイムも搭載されている。連結器は従来車の小型自動密着連結器にかわり、電気連結器付きの密着連結器を採用し、分割併合を容易としている。電気連結器は当初1段式を採用したが、後年高崎車両センター所属車については、2段式とされている。

他形式との混結について

ブレーキや連結器の違いから既存車(国鉄形)との併結はできない。なお、後年登場したキハE130系0番台キハE120形とは混結が可能となっている[注 3]

なお、同じ系列内でも、キハ100・101形(および登場時のキハ110形0番台)については幌枠の形状がキハ110系列とは異なっており、そのままでは幌を直接つなぐことはできない。

形式・番台区分(キハ100系)

キハ100形0番台

キハ100系グループの基本形として1990年(平成2年)から翌年にかけ46両が製造された。

ワンマン運転を前提に運転台は半室構造となっており、側面は左右非対称となっている。車内はセミクロスシートで、クロスシート部は車内中央に2+2の配列で左右3組設置されている。トイレは和式のものを4位側に設けるが、2008年の一ノ関運輸区所属車を皮切りに順次洋式化されている[3]

大船渡・北上線向けが一ノ関運輸区、釜石・山田線向けが盛岡客車区(→盛岡車両センター)にそれぞれ投入された。のちに、2010年12月ダイヤ改正での大湊線の編成増強と大湊 - 八戸間直通列車を増発するためキハ100-21が2010年11月下旬に、2014年3月ダイヤ改正での大湊線の快速「しもきた」増発および多客期増結対応によりキハ100-20がそれぞれ盛岡から八戸運輸区へ転属し、200番台と混用されている。

試作車


1990年(平成2年)1月から2月にかけ1, 2が新潟鐵工所、3, 4が富士重工業で制作された[3]。パイプ式のスカートを採用しており、側面は吹き寄せおよびトイレ部分にもダミーガラスを使用して、連続窓のように見せるデザインとなっている。また、量産車と異なり、乗務員室の側窓が鋼製枠支持となっている[3]

登場当初は、先頭車の正面の左右が黒色に塗装されていたが、後に量産車に合わせてベリーペールグリーンに変更された。また、車体に雨どいを設置していなかったが、のちに量産車同様乗降扉・乗務員室扉上部に取り付けられている。当初ワンマン運転は準備工事とされたため、1991年(平成3年)に改造工事が行われている[3]

室内は1・2・3位側出入り口付近のロングシートを2席ずつ折り畳みとしている点が特徴である[3]。定員103名(折り畳み座席格納時は104名)。

なお、キハ100系唯一のカミンズエンジン車の1と3は2012年に後述の「POK?MON with YOUトレイン」へ改造されている。

量産1次車


1991年(平成3年)3月に富士重工業で製造された5 - 8では、側面のダミー窓の廃止、運転室側窓のHゴム支持への変更、室内の折りたたみ座席の廃止が行われた。また、以降のグループは当初より車内収受方式のワンマン運転に対応して製造されている。定員103名[3]

量産2次車


1991年(平成3年)6月から10月にかけ製造された9 - 46では、スカートのパイプによる補強が廃止されたほか、側面方向幕がHゴム押さえに変更されている。室内はつり手の支持方式が曲げパイプからブラケット支持に変更されている。製造は、9 - 29が富士重工業、30 - 46が新潟鉄工所である[3]

なお、キハ100-29は2017年(平成29年)に後述のキハ103形に改造されている。

POK?MON with YOUトレイン


大船渡線を中心に運転される「POK?MON with YOUトレイン」専用車として、郡山総合車両センターで改造された。車両は、一ノ関運輸区所属のキハ100-1・3を改造している[4]。内外装ともにポケットモンスターのキャラクターを装飾するなど手が加えられているが、車号の変更はされず、駆動機関や台車などの変更は行われていない[4]

なお、内外装は2017年(平成29年)7月15日から「親子でピカチュウと楽しむ列車」をコンセプトとした新しいデザインとなった。[5][6][7]

2012年12月22日から[注 4]臨時列車として大船渡線の一ノ関 - 気仙沼間で運行を開始している[8]。このほか、2014年には東日本大震災復興支援事業の一環として、同年1月から2月にかけて水郡線常磐線総武本線磐越西線磐越東線只見線左沢線へ出張運転されている[9]

キハ100形200番台

1993年(平成5年)に大湊線で使用されていたキハ40形を置きかえるために201 - 205の5両が富士重工業で製造された[3]

後述のキハ101形の改良が踏襲されており、同様に客用側扉を引き戸式へ変更、車体の延長・強化、3位側出入口への車いすスペースの設置、音声合成方式のワンマン機器搭載、TE装置新設といったマイナーチェンジがなされている[2][3]

室内は車いすスペースが設置された以外、0番台量産2次車からの変化はなく、トイレも和式となっている(のちに2010年から洋式化[3])。定員は103名で変更はないが、車いすスペースの設置により座席定員が減少している[3]

八戸運輸区に投入され、大湊線青い森鉄道線(←東北本線)で運用されている。

キハ101形

左沢線用として1993年(平成5年)10月に6両、1994年(平成6年)9月に5両、1997年(平成9年)2月に2両の計13両が製造された[2]。後述の室内レイアウトの変更に伴い、区別を明確にするため形式が分けられている[2]。全車が新潟鐵工所で製造されている。

本形式が導入された左沢線は、朝夕を中心に非電化線区としては比較的混雑する状況にあったため、流動を均一にする目的でオールロングシートを採用し、営業距離・乗車時間も比較的短いことからトイレを省略し車椅子スペースとしている。このため一部機器類の配置・形状が変更されている[2]。これにより定員は107名に増加している。

車体は、1992年(平成4年)に発生した成田線大菅踏切事故を受けて、キハ100形をベースに、運転室部分の鋼体を台車中心から車端部にかけて250 mm延長し、衝突時の乗務員の挟まれを抑制している。このため全長は16.5 mから17 mへ延長されている。このほか、前面鋼体の構造見直しによる強度向上が行われている[2]。また、側扉の方式をプラグドアから引き戸に変更したことで、側扉出入り口(ステップ)の高さを従来の1,036 mmから970 mmに変更している。これに伴い戸袋部は側板厚みが50 mmから90 mmに増加している[2]。また、側扉にはドアチャイムが装備されている。

機器類についても従来は優等列車用や機関車のみに設置していたTE装置を設置したほか、運転台横の客室照明を運転台から消灯するスイッチが新設されている。空調装置についても冷媒が環境対策としてフロンR-12からフロン134aに変更されている[2]

車内の床材はピンクの色の物とブルーの色の物がある。ロングシート足元部の床に黒い線が引いてあるが、これは座席と立席の範囲を区分するために投入後に引かれたものである。車体塗色はホワイトを基調に最上川をイメージした青を配した同線独自のものを使用するとともに、前面とドア横に左沢線シンボルマーク、側面に「FRUITS LINER(フルーツライナー)」のロゴが施されている[2]

運賃表示器は設置車と未設置車があったが、現在は全車両に液晶ディスプレイ (LCD) の運賃表示器が設置されている。かつての運賃表示器未設置車には運賃表示器の代わりに運賃表のステッカーを貼付してある。なお、LCDの運賃表示器が設置された現在もステッカーは貼付されたままである。運転台はキハ100形同様に半室運転台を採用しており、助士側で車掌がドア扱いを実施している時に乗客が立ち入らないように柵が設置されている。

1993年(平成5年)12月1日から左沢線で運用を開始し、同区間の所要時分を4分短縮した[2]。当初は新庄運転区配置であったが、山形新幹線新庄延伸に伴う山形 - 新庄間の標準軌化に伴い、1999年(平成11年)度までに山形電車区(現・山形新幹線車両センター)に転配された。キハ101-12とキハ101-13には左沢方にメガホンが設置されている。

キハ103形

小海線を中心に運転される観光列車「HIGH RAIL 1375」用として、2016年(平成28年)11月26日付で盛岡車両センター所属のキハ100-29が小海線営業所へ転属。後述のキハ110-108(→キハ112-711)とともに改造され、2017年7月1日から運行を開始した[10][11][12][13]。改造により連結面の運転台が使用停止となったため、新規形式のキハ103形に変更されキハ103-711となっている[14]

本車は2号車となり、室内は「天空にいちばん近い列車」をコンセプトに、リクライニングシートを中心に、書棚「ギャラリーHIGH RAIL」を設置する[12]

営業運転でのキハ100系とキハ110系の併結は、「HIGH RAIL 1375」が初の事例である。

形式・番台区分(キハ110系)

0番台

急行列車用として投入された番台である。1990年(平成2年)1月から2月にかけ試作車としてキハ110-1 - 3が製造されたのち、1991年(平成3年)3月に量産車となるキハ110-4, 5とキハ111・112-1 - 3が製造された[15][16]。製造所はキハ110-1, 2, 4, 5が富士重工業、そのほかが新潟鐵工所である。

外観上は、他番台と異なり、パイプ式のスカートを使用している。また、試作車についてはキハ100形試作車と同様、側面へのダミーガラス使用、先頭車の正面の左右が黒色に塗装(登場時のみ)が行われている。

室内は他の番台と異なり940 mmピッチの回転リクライニングシート(キハ111・112の後位のみ4人掛けボックスシート[16])を装備し、照明にはグローブがつけられている。デッキは省略されているが、ガラス製の仕切りが設けられている。この番台のみキハ111・112形の後位側の貫通扉は前面と同じ狭幅となっており、通常ユニットで運用されるキハ111・112形も1両単位で運用されることが多い。

定員はキハ110形が52名、キハ111形が60名、キハ112形が64名となっている。

2016年(平成28年)現在、JRグループにおいて急行列車で使用されることを前提として新製された最後の車両である。なお、2013年にキハ111-2およびキハ112-2は、700番台に改造されている。

当初は全車が盛岡客車区(→盛岡車両センター)に配属され、東北・釜石・山田線急行陸中」で使用を開始した。2002年の「陸中」廃止後は、後継の快速「はまゆり」をはじめ、釜石線および東北本線日詰 - 盛岡間の普通列車に使用されている。快速「はまゆり」では、指定席となる3号車に優先的に使用される。キハ110-3が山田線盛岡駅〜上米内駅間の運用についたことがある。また、東日本大震災以前の2007年(平成19年)7月から2011年(平成23年)3月まではキハ110形の1,2,4,5が小牛田運輸区に所属し、石巻気仙沼線快速「南三陸」の指定席車両でも使用されていた。震災後、小牛田所属キハ110形0番台は陸羽東線小牛田駅〜鳴子温泉駅間の運用についていた。2013年(平成25年)にキハ111・112-2が後述の700番台へ改造され転出し、代替として小牛田からキハ110形が戻り、2016年(平成28年)現在は全車が盛岡所属となっている。

100番台

普通列車用として設計された番台であり、1991年(平成3年)2月から翌年2月にかけキハ110形39両、キハ111・112形2両編成21本の計81両が製造された。郡山運輸区(→磐越東線営業所郡山総合車両センター郡山派出所)を皮切りに新津運輸区小海線営業所や常陸大子運転区(→水郡線営業所)に投入された。うち、新津運輸区投入車は後述の200番台投入でいったん全車が水郡線営業所に転属している。のちに水郡線営業所所属車についてもキハE130系投入による後述の転用により盛岡車両センターや小牛田運輸区、新津運輸区へ転属している。

外観はほぼ0番台と同様であるが、パイプ式スカートは通常の鋼板によるものに変更され、以降の番台にも踏襲されている。車内はキハ100形と同様のセミクロスシートであり、クロスシート部はキハ100形と異なり、ワンマン運転時の旅客の動線や混雑時を考慮して1-3位側(キハ112形のみ2 - 4位側)を1人掛けとした横2+1列配置となっている。また、この番台以降、キハ111・112形の後位側貫通引き戸は幅広の両開きのものが採用されているため、ユニットを分割する場合、貫通扉にアダプターの装着が必要となっている。定員はキハ110形が119名、キハ111形が131名、キハ112形が136名である[15][16]

なお、キハ110-105は2013年(平成25年)に700番台へ、キハ110-108は2017年(平成29年)に710番台へ改造されている(いずれも後述)。

特別塗装車


小海線開業80周年記念事業の一環としてキハ110形キハ110-121が首都圏色に塗装変更された[17][18]。その後キハ111-111+キハ112-111も国鉄急行色に塗装変更された[17][19]

出典:Wikipedia
2020/03/29 19:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant