サービス終了のお知らせ
J・B・プリーストリー
▼人気記事ランキング
2.その他の著作
プリーストリーは1934年に、その前年の秋に国中を旅して見聞きしたことを記した旅行記『イングランド紀行』を書いた。

「時間」の問題に対する興味から、1964年に『Man and Time(人間と時間)』というエッセイを出版した(Aldus Books Limitedはこの本をカール・グスタフ・ユングの『人間と象徴 - 無意識の世界(Man and His Symbols)』と一緒に出版した)。この本の中でプリーストリーは時間に関するさまざまな理論や考えを深く探求した。予知夢現象の分析を含むリサーチとユニークな結論は、1963年にBBCの番組『Monitor』でインタビューされた時の訴えに応じて一般のイギリス国民から寄せられた広範な体験例に一部基づいたものだった。プリーストリーは熱意と技術とでこの難解なテーマを取り扱った。

プリーストリーは公式の回顧録は一度も書かなかったが、『Margin Released』はプリーストリーの作品を読み解くヒントを与えてくれる。十代の時ブラッドフォードのウールの仕分け事務所で働いていたくだりは、ぱっと見たところどうにもなりそうにないテーマから上質の文学を編み上げていて、それはプリーストリーの多くの小説に特徴的なことである。

[4]前ページ
(1.生涯)
[6]次ページ
(3.1.小説)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 19:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant