サービス終了のお知らせ
IPv6
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)、IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6)は、Internet Protocolの一種で、OSI参照モデルにおいてネットワーク層に位置付けられるプロトコルである。
現在主流のIPv4では使用可能なIPアドレスが約 232(約43億 = 4.3×109)個であったが、IPv6では約 2128(約340 = 3.4×1038)個使用可能となっており、大きな特徴の一つである。実際、ISPの一般向けIPv4接続サービスはアドレスをひとつだけ割り当てるものが主流だが、IPv6接続サービスでは/48〜/64の大きさのアドレスブロックが割り当てられることが多い。
目次
1.背景と推移
└1.1.IPv6開発の推移
2.IPv6への対応
├2.1.現状と展望
├2.2.ISPのIPv6対応
├2.3.OSのIPv6対応
├2.4.アプリケーションのIPv6対応
└2.5.プログラムによるIPv6サポート
3.IPv6導入による得失
├3.1.メリット
└3.2.デメリット
4.IPv6 のアドレス
├4.1.IPv6 のアドレス構造
├4.2.IPv6 のアドレス表記
├4.3.IPv6アドレスの種類
├4.4.特殊なアドレス
└4.5.使用されているアドレス
5.プロトコル
├5.1.ヘッダ
├5.2.近隣探索 (Neighbor Discovery)
└5.3.アドレス自動設定
6.IPv4との相互運用
├6.1.IPv4との互換性
├6.2.トンネリング
└6.3.実際の導入と方式
7.日本のNTTのフレッツ網におけるIPv6
8.脚注
├8.1.注釈
└8.2.出典
9.参考文献
10.関連項目
11.外部リンク
├11.1.IPv6アドレス空間
出典:Wikipedia
2020/01/03 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant