iPod touch
▼人気記事ランキング
2.歴代モデル
2.5.第5世代
アップルは、2012年9月12日(米国時間)にプレスイベントを開催し、LTE対応の「iPhone 5」とともに新しい「iPod touch」と「iPod nano」を発表した。2012年9月14日からApple Online Storeで先行注文を受け付けた。

ラインナップは32GB(24,800円)、64GB(33,800円)。2013年5月31日に背面カメラを省略した16GB(22,800円/229ドル)が追加されて3種類。2014年6月26日に16GBモデルの仕様が変更され、価格は20,800円(199ドル)。8GBモデルがラインナップから外れた。発売当初は価格は据え置きで、当面は第4世代のiPod touchも併売された。

デザインを一新し、iPod touchでは初めて5つのボディカラーが用意され、販売時点でピンク、イエロー、ブルー、シルバー、スレートの5色、Apple Online Storeでは(PRODUCT)REDを加えた6色を用意した。2013年9月11日には、スレートを廃止して新色のスペースグレーを追加した。

IPS方式の4インチ「Retinaディスプレイ」(1136×640ピクセル)を搭載しつつ、サイズは58.6(幅)×123.4(高さ)×6.1(厚さ)ミリ、重量は88グラムと薄型・軽量化。

デュアルコアのA5チップを採用し、第4世代iPod touchの最大2倍の処理能力を持つことで、音質、画質が第4世代と比べて改善されている。しかし、この機種までは搭載メモリーが1GB未満であった為、動作が重くなる問題が発生している。

iOSもiOS 6にバージョンアップされ、初めてiPodで「Siri」も使えるようになった。またiCloudを使った共有フォトストリームやiMessageFaceTimeメール、Game Centerなど、iOSの主要機能をカバー。AirPlayミラーリングも備えているため、写真や動画、ゲームなどを大画面テレビに映し出して楽しめる。

500万画素になったiSightカメラはオートフォーカス付きで、LEDフラッシュも装備。顔検出や手ぶれ補正付きのHD1080p動画の撮影をサポートしたほか、風景に沿ってカメラを動かすだけでパノラマ写真が撮影できる「パノラマ」も新たに搭載する。

従来の30ピンDockコネクタは廃止され、小型の「Lightningコネクタ」を装備。従来のオプションも使えるように“Lightning - 30ピンアダプタ”(Apple Online Storeにて2800円 (税別)で販売中)なども用意する(但し、これを以ってしても、可能なのは電気的接続だけ。Dockコネクタを活用したサードパーティー製品で立てることは出来ない)。

バッテリー駆動時間は音楽再生で最長40時間、動画再生で最長8時間。新デザインの「Apple EarPods」イヤフォン、およびビデオ録画時などに便利なリストストラップ「iPod touch loop」が付属する。なお、2016年6月14日(日本時間)に行われたWWDC2016で発表となったiOS 10にはアップデート対象外となった。

2013年5月31日に、背面カメラとLEDフラッシュとiPod touch loopを省略した16GBモデルを追加した。アメリカ市場で229ドル、日本国内では22,800円で販売される[7]

2013年5月31日に、日本国内で32GBモデルが29,800円、64GBモデルが39,800円に価格が引き上げられた[8]。値上げ理由は、NHKなどの取材で「円安ドル高による改訂」としている[9]。アメリカ市場では値段は据え置かれている[10]

2013年9月11日、新色のスペースグレーを32GB・64GBに設定[11]。一方、明確な発表はないもののブラック(ブラック&スレート)がラインナップから外れる[12]

2014年6月26日、16GBモデルの仕様を変更。32GBモデル・64GBモデル同様、カラーバリエーションがピンク、イエロー、ブルー、シルバー、スペースグレイ、(PRODUCT)REDの6色に増えた。背面カメラも搭載したため、iPod touch loop ホルダーが付けられたが、iPod touch loop本体は付属してない[13]。価格は全モデル値引きされ、16GBモデルが20,800円(199ドル)、32GBモデルが24,800円(249ドル)、64GBモデルが29,800円(299ドル)に改定された[14]。2015年3月10日に「為替市場の状況に応じた価格調整」を理由に16GBが22.800円 32GBが28.800円 64GBが34.800円へ値上げされた[15]

[4]前ページ
(2.4.第4世代)
[6]次ページ
(2.6.第6世代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 21:03
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant