サービス終了のお知らせ
IBM 3270
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
IBM 3270(あいびーえむさんにーななまる、3270端末、さんにーななまるたんまつ)とは、IBMメインフレーム機とのコミュニケーションに使われる、1972年に生まれたコンピュータターミナルの表示装置サブシステムであり、IBM 2260端末の後継機である。1980〜1990年代にかけて、IBMのホストコンピューターへの入力、そこからの出力はおもにこの表示装置を通して行なわれて、日本を含めた全世界の企業で広く使われた。また、このサブシステムの一部は日本で開発されている。
それまでよく使われてきた シリアルASCII端末機 と違って、3270 は、データストリーム として知られる大きなデータ・ブロックを受け入れ可能とすることで、必要なI/O の割り込みの数を最小にする。また、専用の高速コミュニケーションインターフェースを使う。
IBM は、何年も前にパンチカードターミナルの製造を止めている。しかし IBM 3270 プロトコルは、メインフレームにアクセスするいくつかのアプリケーションソフトウェアに、エミュレートされて広く使い続けられている。時につれて徐々に 3270 は使われなくなってきているが、また、メインフレームで動くアプリケーションで Web インターフェースを持つものが増えてきているが、いくつかのシチュエーション、たとえば コールセンター などで、“グリーンスクリーン”3270 インターフェースは、いまも最も生産的で有効なインターフェースである。
目次
1.原理
2.モデル
├2.1.表示装置
├2.2.表示・制御装置
├2.3.プリンター
└2.4.制御装置
3.開発と製造
4.Telnet 3270
└4.1.知られている TN3270 クライアント
5.参照
6.脚注
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/07 03:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant