サービス終了のお知らせ
HyperText Markup Language
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出し段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。
2019年6月以降[1]WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。
目次
1.特徴
2.HTML文書
├2.1.要素
└2.2.属性
3.歴史
├3.1.HTML 1.0、HTML+
├3.2.HTML 2.0
├3.3.HTML 3.0、HTML 3.2
├3.4.HTML 4.0、HTML 4.01
├3.5.ISO/IEC 15445:2000
├3.6.HTML5、HTML 5.1、HTML 5.2
└3.7.HTML Living Standard
4.HTML形式の電子メール
5.脚注
6.関連項目
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/06 07:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant