サービス終了のお知らせ
hyde
▼人気記事ランキング
4.ソロアーティストとして
4.3.『FAITH』 (2005 - 2006)
2005年からは共同プロデューサーのK.A.Zがギタリストとしても参加し、4人編成のバンドとして再び活動を開始。同年10月5日には映画『ステルス』の日本語版主題歌に起用された「COUNTDOWN」をソロ名義では2年ぶりとなるシングルとしてリリース。さらに、同年には歌手中島美嘉への自身初の楽曲提供を行っており、提供した楽曲「GLAMOROUS SKY」が映画『NANA』に起用され大きな話題となった。

また、同年10月29日から10月31日にかけて自身が主宰しハロウィンイベント「HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD」を開催。自身のほかにMONORALUVERworldOLIVIAHIGH and MIGHTY COLOR、中島美嘉、yasuJanne Da Arc)が出演した[50]。以後は自身が結成したロックユニット、VAMPSが活動していた時期は、VAMPSが引き継ぎハロウィンの時期にイベントを開催していた。

2006年2月発売されたシングル「SEASON'S CALL」では、サポートギタリスト・プロデューサーとして参加していたK.A.Zが作曲を担当。本作までHYDEがソロ名義でリリースしたカバー曲以外の楽曲は、全て自身で作詞・作曲を行っていたが、同年リリースされた3rdアルバム『FAITH』も含め、様相がバンドに変化するようになった。この体制が後に結成するロックユニット、VAMPSの原型となっており、結成の際にHYDEは「いろいろなタイミング、要素が重なっているんですけど、実は前回のアルバム(アルバム『FAITH』)から、今やっているようなスタイルは出来上がっていたんですよ。ただ、今後もこれまでと同じように“HYDE”っていう名前でやるのは無理があった[51]」と語っている。

さらに、2006年には2度目のライブツアー「HYDE TOUR 2006 FAITH」でアメリカ公演を含め、40都市(51公演)を回っている。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/17 10:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant