Facebook
▼人気記事ランキング
5.セキュリティやプライバシーの問題
5.5.パスワード平文保存問題
2019年3月21日に、2019年1月の社内調査で発見した利用者数億人分のパスワードが暗号化処理を経ずに社内に保存されていた問題を発表。適切な暗号化処理が行われずに保存されていたのは、Facebook利用者数千万人、Fecebook Lite利用者数億人、Instagram利用者数万人分のパスワードである。Facebookによると、通常はパスワードを判読不可能にする技術を用いてパスワードを自社システム内に保存しているが、一部の利用者のパスワードは判読可能な形式のまま保存されていた。これらのパスワードは社外に閲覧される状態ではなかったとし、社内でも不正使用・不正アクセスが行われたことは確認できていないとしている。この問題は発覚から発表までに修正された[77][78][79]

2019年4月18日、3月に公開したFacebook、Instagram、Facebook Liteの数億人分のパスワードを可読な状態(平文)で社内に保存していたという発表文を更新し、当初は「数万人分」としていたInstagramのパスワードの数を「数百万人分」に修正した。アクセスログでは約2,000人がプレーンテキストのパスワードを含むデータに、約900万回のクエリを実行していた[80]

[4]前ページ
(5.4.2018年10月の流出)
[6]次ページ
(5.6.150万人分のメールパスワードを収集)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/08 09:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant