Facebookへの批判
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
Facebookへの批判(フェイスブックへのひはん)では、ソーシャル・ネットワーキング・サービスFacebook」に対する批判について取り扱う。
Facebookはオンラインプライバシー、子供の安全性、ヘイトスピーチ、コンテンツを手動で削除した後でないとアカウントの削除ができない、などの点で批判を受けた。2008年には、論争の対象となっている個人やグループのページに広告が表示されていたため、多くの企業がFacebookサイトから広告を削除した。利用者ページ、グループ、ブログ、フォーラムの内容は賛否両論あったり炎上しやすい話題(例えば、政治宗教など)を促進したり、長期にわたり議論させたりすることで批判を受けてきた。サイトの内外での検閲の問題もあった。
Facebookによる変更、特に2008年にリリースされた新形式および(削除されたコンテンツの期限切れによる自動削除についての)Facebookの利用規約も批判されてきた。Facebookは何度も訴訟を受けている[1]
目次
1.プライバシーに関する懸念
├1.1.2011-2012年における会員情報露出の拡大
├1.2.2007年の問題
├1.3.ニュースフィードとミニフィード
├1.4.政府の捜査要請への協力
├1.5.CIPPIC
├1.6.データマイニング
├1.7.自発的にアカウントを停止できない
├1.8.記念碑
├1.9.カスタマイズとセキュリティ
├1.10.Facebookを止める日
├1.11.写真認識と顔タギング
├1.12.2011/2012年 アイルランドデータ保護監督官による調査
├1.13.プライバシーの侵害はFacebookの非会員にも及ぶ
└1.14.離婚
2.心理的影響
├2.1.羨望
├2.2.ストレス
├2.3.Facebook中毒
└2.4.その他の心理的影響
3.誤解を招くようなキャンペーン
4.不適切なコンテンツの論争
├4.1.知的財産権の侵害
├4.2.プライバシー侵害
├4.3.他人へのなりすまし
├4.4.名誉毀損
├4.5.拒食症と過食症
├4.6.広告主の懸念
└4.7.ホロコーストの否定
5.Facebookヘイトグループ
├5.1.親マフィアグループの事件
├5.2.荒らし
└5.3.レイプページ
6.技術
├6.1.利用者アカウントの無効化
├6.2.嫌がらせの有効化
├6.3.顧客サポートの欠如
├6.4.ダウンタイムや障害
├6.5.アップグレード
├6.6.トラッキングクッキー
└6.7.タイムライン
7.検閲論争
├7.1.検索機能
├7.2.授乳写真
├7.3.編集コンテンツの検閲
├7.4.グループアップグレード許可が政治的に偏っているという非難
└7.5.ベトナム戦争の少女写真
8.学生関連の問題
├8.1.学生のプライバシーの懸念
├8.2.高等教育への影響
└8.3.大学生の成績に及ぼす影響
9.Facebookへの第三者の反応
├9.1.政府による検閲
├9.2.アクセスを遮断する組織
├9.3.アクセスをブロックする学校
├9.4.閉じた社会的ネットワーク
└9.5.集団訴訟
10.訴訟
├10.1.コネクトユー訴訟
├10.2.アーロン・グリーンスパンとハウスシステム
├10.3.ポール・セグリア
└10.4.ヤング対Facebook社
11.利用規約論争
12.相互運用性とデータの可搬性
13.ベタービジネスビューローレビュー
14.セキュリティ
15.環境
16.広告
└16.1.不正なクリック
17.偽のアカウント
18.脚注
19.参考文献
出典:Wikipedia
2019/12/15 21:05
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant