サービス終了のお知らせ
FIFAワールドカップ
▼人気記事ランキング
2.開催方式
2.1.開催国選定方式の経緯
FIFAワールドカップの開催国は、初期から1974年大会1978年大会1982年大会の3大会同時開催国選定まではFIFA総会での投票で決定していたが、1986年大会以降、FIFA理事会(現・FIFA評議会)のFIFA理事投票で決定する方式に変更されていた[9]。その後、2010年12月2日の2018/2022 FIFAワールドカップ開催地決定投票まで、FIFA理事会のわずか24名のFIFA理事の投票(会長は同数の時のみ1票投じる)で決まる方式だったため[10]、買収工作も容易だった(2015年FIFA汚職事件参照)との反省から、2018年6月13日の2026年大会開催投票からFIFA総会での開催立候補国を除く全加盟協会での投票方式に再び変更された(FIFA Statutes2016年版P28の28 Ordinary Congress agendaの2.のs)[11]。また、従来の不透明なワールドカップ招致手順を明確化し、各段階で審査プロセス等を公式発表していくとした[12]

招致手順[編集]


立候補国受付
開催提案書(Bit Book)提出
評価タスクフォース現地視察及び評価レポート発表
ワールドカップ開催国投票
[4]前ページ
(1.4.賞金)
[6]次ページ
(2.2.開催国立候補の条件の推移)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/16 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant