サービス終了のお知らせ
ESCRT
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ESCRT(endosomal sorting complexes required for transport)は細胞質タンパク質複合体で、ESCRT-0、ESCRT-I、ESCRT-II、ESCRT-IIIという種類が存在する。これらのESCRT複合体は、他の補助タンパク質とともに独特な形式で細胞膜のリモデリングを行い、膜を屈曲させたり切り離したりする[1][2]。酵母やヒトを含む多くの生物で、ESCRTの構成要素の単離と研究が行われている[3]
ESCRTは、多胞体(multivesicular body)の生合成、細胞質分裂ウイルスの出芽など、多数の細胞過程に重要な役割を果たす。多胞体の生合成とは、ユビキチンでタグ付けされたタンパク質が小胞形成を介してエンドソームと呼ばれる細胞小器官へ入る過程である。この過程は、誤ったフォールディングをしたタンパク質や損傷したタンパク質を破壊するために必須の過程である[4]。ESCRTがなければこれらのタンパク質は蓄積し、神経変性疾患が引き起こされる。例えば、ESCRT-IIIの構成要素の異常は遺伝性痙性対麻痺などの神経疾患を引き起こす可能性がある[5]。細胞のabscission(切断、分離)は膜が連結されている2つの娘細胞を切り離す過程であり、これもESCRTによって媒介される。ESCRTがなければ娘細胞は分離することができず、2倍量のDNAを含む異常な細胞が形成される。このような細胞はアポトーシスによって破壊される。最後に、ウイルスの出芽は特定のタイプのウイルスが細胞を出る過程であり、ESCRTがなければ起こらない。その結果、ウイルスは細胞から細胞へ拡散することができなくなる。
目次
1.多胞体の生合成と積み荷のシャトリング
2.ESCRT複合体と補助タンパク質
├2.1.ESCRT-0
├2.2.ESCRT-I
├2.3.ESCRT-II
├2.4.ESCRT-III
├2.5.Vps4-Vta1
└2.6.Bro1
3.膜のabscission
4.ウイルスの出芽
5.出典
出典:Wikipedia
2019/11/23 18:39
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant