サービス終了のお知らせ
Consumer Generated Media
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
Consumer Generated Media(コンシューマー・ジェネレイティッド・メディア、略称: CGM)は、消費者生産者となる生産消費者により制作・提供される作品(メディア・コンテンツ)の総称である[1]。同概念の用語として、User Generated ContentUGC[2]User Created ContentUCC[3]がある。日本語では、消費者生成メディアユーザー生成コンテンツ使用者制作コンテンツと訳される。
GCM・UGC・UCCなどの用語は、2000年代中程のWeb 2.0の流行と共に使われるようになった。Web 2.0はWorld Wide Webのコンテンツの提供・受領の立場が流動的に変化する概念を表した用語として使われ、生産消費者によるコンテンツはブログウィキSNS動画共有サービスeコマースなどのウェブプラットフォームのコンテンツで用いられた[2]TIMEは2006年のPerson of the YearにWeb 2.0のコンテンツ制作者「You」を選出した[4]。消費者から消費者へ製品・サービスを提供する商業プラットフォームはC2C(Consumer to Consumer)と呼ばれる[5]
目次
1.歴史
2.提供
3.種類
4.動機
├4.1.制作動機
└4.2.活用動機
5.脚注
出典:Wikipedia
2019/02/17 03:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant