サービス終了のお知らせ
CP/M
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
CP/M(Control Program for Microcomputers、シーピーエム)は1970年代デジタルリサーチ (Digital Research Inc.) の創業者ゲイリー・キルドールによって開発、1976年[1]に発売された、パソコン用のシングルユーザー・シングルタスクオペレーティングシステム (OS) である。
最初は8ビットCPUであるインテル8080プロセッサ用に作られ、8ビットのパソコン用OSとしては最も代表的な存在だった。初期に普及したバージョンはCP/M 1.4で、そののち改訂されたCP/M 2.2が広く普及した。さらに、より洗練されたCP/M 3.0 (CP/M Plus) が登場したが、既に16ビットマシンへの移行が始まっていた時期でもあり普及することはなかった。
他のプロセッサに移植されたバージョンも存在するが、単にCP/Mといえば8080プロセッサ用のもの(中でもバージョン2.2)を指す。なおマイクロソフトによってOEMされたIBMPC DOS(及び、のちにマイクロソフト自らが直販したMS-DOS)は、CP/Mをモデルに開発されたシアトル・コンピュータ・プロダクツ86-DOSを前身としている。
目次
1.動作環境
2.構成
3.コマンド
├3.1.ビルトインコマンド
└3.2.トランジェントコマンド
4.リブートについて
5.歴史
├5.1.始まりとCP/Mの全盛期
├5.2.マルチユーザー
├5.3.CP/M Plus
├5.4.16ビット版
├5.5.MS-DOSとの競争
├5.6.ZCPR
└5.7.旧東ヨーロッパの派生版CP/M
6.日本での状況
7.MS-DOSとの比較
8.現状
9.脚注
10.出典
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/22 21:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant