サービス終了のお知らせ
CIE 1931 色空間
▼人気記事ランキング
3.CIE測色標準観察者
3.1.等色関数
CIE等色関数 , および  は、観察者(上記)の色覚応答を数値で表したものである。これはCIE X, Y, Zの三刺激値のスペクトル感度とも考えることが出来る。あわせて、これら三つの関数はCIE測色標準観察者機能として知られている[8]

この三刺激値は、測色標準観察者における色の分光放射輝度 Le,Ω,λ を用いて:

X = 380 780 L e , Ω , λ ( λ ) x ¯ ( λ ) d λ , {\displaystyle X=\int _{380}^{780}L_{\mathrm {e} ,\Omega ,\lambda }(\lambda )\,{\overline {x}}(\lambda )\,d\lambda ,} ここで、 (単位: ナノメートル)である。その他の、例えばCIE RGB色空間やその他のRGB色空間のような測色標準観察者は、異なる三つの等色関数により定義され、それぞれの色空間における三刺激値が導き出される。

X, Y, Zの値は、分光放射輝度Le,Ω,λ で囲まれる域内に分布される。

[4]前ページ
(3.CIE測色標準観察者)
[6]次ページ
(4.CIE xy色度図とCIE xyY色空間)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/26 01:36
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant