サービス終了のお知らせ
CIE 1931 色空間
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
CIE1931色空間(シーアイイー 1931 いろくうかん) あるいはCIE1931表色系(シーアイイー 1931 ひょうしょくけい) は、電磁波の可視スペクトル域における物理的な(複数の波長から構成される) と、心理学的な人間の色覚における知覚色との間の関係を初めて定量的に定義した色空間である。これら色空間により定義される数学的な関係式は、カラーマネージメントに欠かせないツールであり、印刷インキトナーディスプレイデジタルカメラなどの記録装置を扱う場合において非常に重要な情報になっている。
CIE 1931 RGB色空間、及びCIE 1931 XYZ色空間の2つの色空間が、1931年に国際照明委員会 (CIE)により定義された。[1][2] これらの色空間は、1920年代後半に行われたウィリアム・デビッド-ライト[3] とジョン・ギルド[4] の複数の実験結果から導き出された。この実験結果を統合してCIE RGB色空間が定義され、そこからCIE XYZ色空間が派生して定義された。
CIE 1931 色空間は、1976年にCIE LUV色空間が定義された現在でも広く使用され続けている
目次
1.三刺激値
2.X, Y, Zの意味
3.CIE測色標準観察者
└3.1.等色関数
4.CIE xy色度図とCIE xyY色空間
5.CIE XYZ色空間の定義
├5.1.CIE RGB色空間
├5.2.グラスマンの法則
└5.3.ライトとギルドの実験結果からCIE XYZ 色空間へ
6.脚注
└6.1.出典
7.関連項目
出典:Wikipedia
2020/01/26 01:36
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant