サービス終了のお知らせ
CHARCOAL FILTER
▼人気記事ランキング
概要
CHARCOAL FILTER(チャコールフィルター)は、小名川高弘大塚雄三安井佑輝高野真太郎からなる4ピースロックバンド。所属事務所はPOWERPOP & Co.で、最終所属レコード会社は日本クラウン2002年から2004年までは亀田誠治プロデュースされていた。

2007年7月解散。

主な略称はチャコフィル。「チャコ」と略されることもあるが、メンバーはそれをあまり好んでおらず、「チャコフィル」のみを用いている。略記はCFで、ロゴなどにも用いられている。

概略[編集]

小名川のみ千葉県出身で、他の3人は東京都出身。全員が横浜市港北区にある私立高校、慶應義塾高等学校の同級生。1995年に小名川・安井・高野でバンドを結成し、Green Dayのコピーを中心に活動を始める。1996年に大塚が加入し、以降一度もメンバーチェンジすることなく2007年7月解散を迎える。メンバー全員、これが初めて組んだバンドであることから、大塚は「バージンで結婚しちゃったようなバンド」と表現している。

結成当初のバンド名は「Selfish」だったが、プロに同名のバンドがいることを知り、「Sweet dog」に改名(候補としてはその他に「Easy Chair」、「Chopstick」などがあった)。その後、高野がサポートしているバンドが「チャコールフィルター」と名乗っていることを知った大塚が、「チャコフィル」という略称を気に入り、彼らの了承を得た上でバンド名を譲り受け、「CHARCOAL FILTER」となる。英字表記のみならず、片仮名表記もテレビや雑誌、メンバーのサインなどで頻繁に使用され、正式表記に準ずるものとなっている。片仮名では「チャコールフィルター」と続けて書くのが正式であり、中黒(・)は付けない。また、英字で表記する場合は全て大文字で表記するのが正式だが、グッズなどではデザイン上"Charcoal Filter"としているものもある。

1999年に「I start again」でデビュー。8thシングル「Brand-New Myself 〜僕にできること」が20万枚を超える大ヒットとなり、同曲を含む3rdアルバム『MADE IN Hi-High』ではオリコンチャート初登場6位を記録。2003年には学祭最多出演バンドに輝き、47都道府県制覇も2度達成するなど、数多くのライヴをこなしている。また、「Brand-New Myself 〜僕にできること」のPV撮影は、私立武蔵野東小学校で行われた。

デビュー直後、他県に先駆けて福岡県で人気に火がついたため、福岡出身バンドと間違われることも多い。 2001年には福岡のファンへの感謝の意を込めて、九州限定販売のレーベルbariyoka.comから、「絆」というシングルを発売した。この曲は福岡のライヴでのみ歌われていた。

オフィシャルファンクラブは「Team PHILTER」(PHILTERは「媚薬・惚れ薬」の意でFILTERと同音)で、安井が隊長を務めていた。

メンバー[編集]

ソロ活動やプロフィール、エピソードなどはそれぞれの項目を参照

小名川高弘 (こながわ たかひろ、1979年11月30日 - ):リーダー、ギター
大塚雄三 (おおつか ゆうぞう、1979年8月27日 - ):ヴォーカル
安井佑輝 (やすい ゆうき、1980年3月5日 - ):ベース
高野真太郎 (たかの しんたろう、1979年10月20日 - ):ドラム

曲のクレジット[編集]

作詞[編集]

大半が大塚雄三によるものである。一部他のメンバーによる単独、メンバー2人もしくはメンバー全員による共作もある。

作曲[編集]

初期の作品は4人で手掛けたものが多い。シングル「卒業」からはメンバー単独、メンバー2人での共作が増えた。単独では小名川と安井の楽曲が多く、高野の楽曲は非常に少ない。大塚による楽曲も少ないが、最大のヒットシングル「Brand-New Myself 〜僕にできること」を手掛けている。

編曲[編集]

初期はメンバーのみで手掛けたものが多い。シングル「はじけよう」では林部直樹、シングル「孤独な太陽」とアルバム『PANIC POP』では土方隆行、シングル「卒業」からアルバム『CHARCOAL FILTER』までは亀田誠治がアレンジとプロデュースで参加している。アルバム『心の来た道』からは再びメンバーのみで手掛けている。

ラストアルバム『素晴らしい日々へ』では、メンバーそれぞれが単独で作詞・作曲・編曲を手掛けた曲が1曲ずつ収録されている。

略歴[編集]

1995年 吹奏楽部員同士の小名川・安井・高野でバンド結成。
1996年
春に大塚が加入し、学園祭にて初ライヴ。
大塚の家に全員で泊り込み、初オリジナル曲を作る。
1997年
吉祥寺ZeNにて、初有料ライヴを行う。
Teen's Music Festival」に初出場を果たす。
ラジオに初出演を果たし、オリジナル曲のデモテープが電波に乗る。
1998年 メジャーデビューを目指し、渋谷CYCLONEを中心にライヴを多数行う。
1999年
所属事務所であるPOWERPOP & Co.と契約。プロとしての活動が始まる。
ニューヨークにて2週間かけ、デビュー曲など数曲をレコーディング。
8月1日に1,000枚限定生産のインディーズ盤『Gimme a light』をライヴ会場で販売開始。
9月17日に『Gimme a light』を全国レコード店で発売。
11月1日POWERPOP RECORDS.COMからシングル「I start again」でメジャーデビュー。
2000年
2nd シングル「Life goes on」発売。
3rd シングル「Don't miss it」発売。タイアップされた大塚ベバレジマッチのCMにメンバー自ら出演。
4th シングル「Tightrope」、1stアルバム『Spiky』同時発売。
初のワンマンライヴ"Spiky night"を東京福岡にて行う。
2001年
インディーズレーベルbariyoka.comより、九州限定でシングル「」発売。
日本コロムビアに移籍。5thシングル「はじけよう」発売。
6thシングル「孤独な太陽」発売。
2ndアルバム『PANIC POP』発売。
2002年
亀田誠治氏をプロデューサーに迎え、7thシングル「卒業」発売。
8thシングル「Brand-New Myself 〜僕にできること」発売。オリコン16位、20万枚を超えるヒットとなる。
主題歌・挿入歌がタイアップされ、メンバーも出演した映画「BOM!」が公開される。
「Happy hungry days」がケンタッキーフライドチキンCM曲となる。
3rdアルバム『MADE IN Hi-High』発売。オリコン初登場6位を記録。
オフィシャルファンクラブ「Team PHILTER」発足。
9thシングル「White winter song」発売。オリコン19位を記録。
2003年
1st DVD & VHS『CHARCOAL FILTER MEN SOUL』発売。
4月5日日比谷野外大音楽堂にて"わくわくチャコールフェア2003"を開催。以降、春の恒例イベントになる。
WARNER MUSIC JAPANに移籍。10thシングル「やさしさライセンス/BY MY SIDE」発売。
ベストアルバム『C☆BEST+ Flying Hi-High』発売。
初のホールツアー"Hallin' Love"(全7公演)を行う。
11thシングル「」発売。
メンバー全員で富士山登頂を果たす。
ニッポン放送主催イベント「こんなのアリ〜な!? アマゾン」に出演。
4thアルバム『HAPPY SET』発売。
学園祭ツアー"school party tour “KINGDOM”"(全17公演)を行い、この年の「学園祭キング」になる。
2004年
2nd DVD『わくわくチャコールフェア2003をチャコールフィルターと観るDVD 〜雨で濡れ濡れ注意報2003〜2004への道〜』発売。
日比谷野外大音楽堂にて"わくわくチャコールフェア2004"を開催。
4月6日にCLUB 24 YOKOHAMAにて"スプリンターツアー2 ファイナル 47都道府県ワンマン制覇記念ライヴ"を行う。
12thシングル「one Days」発売。
5thアルバム『CHARCOAL FILTER』発売。
渋谷公会堂にてライヴ"Re:HOME"を行う。
青山のカフェを貸し切り、デビュー5周年記念カフェ"chaf?"を開店。
Shibuya O-Eastにて"5th Anniversary Special Live Party"を開催。
2005年
3rd DVD『わくわくチャコールフェア2004をチャコールフィルターと酔うDVD 〜日比谷の空も涙したカメラ壊れて山根も号泣の巻〜』発売。
4th DVD『5th Anniversary Special Live Party at Shibuya O-East』発売。
日比谷野外大音楽堂にて"わくわくチャコールフェア2005"を開催。
Gimme a light 2』をインディーズレーベルから5,000枚限定で発売。
"Japan tour, 47"にて47都道府県を全て廻る。2度目の全都道府県制覇達成。
2006年
日本クラウン移籍第一作としてミニアルバム『心の来た道』発売。
5th DVD『わくわくチャコールフェア2005 〜積もる話をツモりながらCHARCOAL FILTERとテンション点棒あがるDVD & LIVE 2005』発売。
日比谷野外大音楽堂にて"わくわくチャコールフェア2006"を開催。
13thシングル「一人じゃとても歩けない世界の上で」発売。
オムニバスアルバム『Gimme MUSIC』に参加。
6th DVD『「2006 心の行く道」ツアーファイナル 2006.5.27 SHIBUYA CLUB QUATTRO』発売。
2007年
1月10日 アルバム『Everything you know is wrong』発売。
3月に解散を発表
4月7日 日比谷野外大音楽堂にて"わくわくチャコールフェア2007 the final"を開催。
6月2日「CHARCOAL FILTER LAST event PARTY」DUO MUSIC EXCHANGE(渋谷)  
6月13日 『The Best History of CHARCOAL FILTER』発売。
7月5〜24日 CHARCOAL FILTER LAST TOUR “TheBesT”
7月25日 最後のオリジナルアルバム『素晴らしい日々へ』発売して解散した。

レコード会社の変遷[編集]

所属レコード会社

POWERPOP RECORDS.COM - 所属事務所傘下のレコード会社。1999年のメジャーデビューシングル「I start again」から、2000年のアルバム『Spiky』までを発売。
日本コロムビア - 2001年のシングル「はじけよう」から、2003年のDVD『CHARCOAL FILTER MEN SOUL』までの作品と、ベスト盤『C☆BEST+ Flying Hi-High』を発売(但し、ベスト盤はワーナーへ移籍後に発売された)。2002年10月から社名が「コロムビアミュージックエンタテインメント」に変更された。
ワーナーミュージック・ジャパン - 2003年のシングル「やさしさライセンス/BY MY SIDE」から、2004年のアルバム『CHARCOAL FILTER』までを発売(前述の通り、ベスト盤のみコロムビアから発売)。
日本クラウン - アルバム『心の来た道』から『素晴らしい日々へ』までを発売。最後に所属していたレコード会社。
その他のレコード会社

POWERPOP & Co. - 所属事務所。自主制作でライヴDVDを製作し、公式サイトやライヴ会場で限定販売している。また、インディーズ盤の『Gimme a light』、『Gimme a light 2』も同社からの発売。近年は「DAIJIMUSIC」というインディーズレーベルを創設し、CHARCOAL FILTERも参加したオムニバスアルバムや、小名川のソロ作品を発売している。
エニックス - ゲームソフト製作・販売会社。8cmシングル「Tightrope」を発売(同時発売のアルバム『Spiky』はPOWERPOP RECORDS.COMから発売)。
bariyoka.com - 九州のインディーズレーベル。2001年にシングル「」を発売した。

歴代プロデューサー[編集]

林部直樹 - 「はじけよう」のプロデュース及びアレンジを手掛けた。また、『The Best History of CHARCOAL FILTER』収録曲「手紙 〜Original Band Version〜」の編曲も手掛けている。
土方隆行 - シングル「孤独な太陽」とアルバム『PANIC POP』、及び「Mother Blues」(シングル「卒業」カップリング)をアレンジ、プロデュースした。また、「手紙 (Acoustic Version)」(アルバム『PANIC POP』収録)のレコーディングではアコースティック・ギターを担当している。
亀田誠治 - シングル「卒業」からアルバム『CHARCOAL FILTER』まで、プロデューサーおよびアレンジャーとしてCD製作に参加した。『The Best History of CHARCOAL FILTER』収録曲「Answer」でも編曲を手掛けている。ベースを担当しているバンド「東京事変」のDVD『Dynamite in』には、楽屋を訪ねてきたCHARCOAL FILTERの声が収録されている。また、2005年の"わくわくチャコールフェア"にシークレットゲストとして登場し、「Kazematic」と「Party On!」にギターで参加した。この時の「Kazematic」の模様は、後に発売されたDVDにも収録されている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

DVD[編集]

この他、ファンクラブ会員限定で 『Team PHILTERスペシャル映像DVD』 が、上記DVDとセットで2005年と2006年に発売されている。

参加作品[編集]

Gimme MUSIC2006年7月5日

収録曲
#15 I'm looking for my place -2000-  作詞: 大塚雄三 / 作曲・編曲: CHARCOAL FILTER

タイアップ[編集]

音源の発売順

Nineteen - (「I start again」カップリング) GUNZE「ブーツにコレっ!」CMソング
Life goes on - フジテレビ「笑楽園」オープニングテーマ
Don't miss it - 大塚ベバレジマッチ」CMソング(本人出演)
Tightrope - テレビ東京系「幻想魔伝 最遊記」エンディングテーマ
はじけよう - 大塚ベバレジ「MATCH」CMソング
リビドー - (「はじけよう」カップリング) 映画「BOM!」挿入歌
孤独な太陽 - TBS系「CDTV」エンディングテーマ
Brand-New Myself 〜僕にできること - 大塚ベバレジ「MATCH」CMソング
Happy hungry days - (アルバム『MADE IN Hi-High』収録) ケンタッキーフライドチキン「夏のチキン・キャンペーン」CM曲
やさしさライセンス - 大塚ベバレジ「MATCH」CMソング
BY MY SIDE - 映画「略奪者」イメージソング
虹 - TBS系「Pooh!」エンディングテーマ
一人じゃとても歩けない世界の上で - 日本テレビ系「女優魂」エンディングテーマ
I'm looking for my place - (オムニバスアルバム『Gimme MUSIC』に「I'm looking for my place -2000-」として収録) 映画「BOM!」主題歌

ミュージックビデオ[編集]

ライヴ・イベント[編集]

ワンマンライヴ・自主企画イベント

2000年
"Spiky night" (7月・8月) 全2公演
"Spread out GIG 20-21" (11月〜2001年1月) 全4公演
2001年
"“弾” 前哨戦 in ライヴハウス" (4月) 全4公演
"Spark out GIG “弾”" (6月) 全3公演
2002年
"PANIC POP TOUR" (1月) 全6公演
"B.N.M. 02" (7月・8月) 全3公演
"Made in TOUR" & "TOUR the Hi-High" (11月) 全12公演
2003年
"スプリンターツアー" (2月〜4月) 全25公演
"わくわくチャコールフェア2003" (4月5日
"Hallin' Love" (7月・8月) 全7公演
"school party tour “KINGDOM” 〜ラストダンスを踊っちゃえ!〜 『KINGDOM後夜祭』" (11月24日
"スプリンターツアー2 〜Happy Set〜" (12月〜2004年3月) 全23公演
2004年
"わくわくチャコールフェア2004" (4月4日
"スプリンターツアー2 ファイナル 47都道府県ワンマン制覇記念ライヴ" (4月6日
"Re:HOME" (10月2日
"5th Anniversary Special Live Party" (10月31日
"ジュポ〜ンツアー" (12月) 全10公演
2005年
"Japan tour, 47" (3月〜7月) 全47公演
"わくわくチャコールフェア2005" (4月16日
"Gimme a night" (6月〜8月) 全4公演
"Gimme a 2006 The 忘年会" (12月30日
2006年
"わくわくチャコールフェア2006" (4月8日
"2006 心の行く道" (5月) 全8公演
"ONE MAN LIVE" (10月〜2007年3月) 全6公演
その他のツアー

"school party tour “KINGDOM”" (2003年5月〜11月) 全17公演
"ハイエースTOUR" (2005年10月〜11月) 全23公演
大規模イベントへの出演

"こんなのアリ〜な!? アマゾン" (2003年8月16日)
"ジョン・レノン音楽祭2003 Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ" (2003年10月2日) 小名川・大塚のみ
"HIGHER GROUND 2006 前夜祭" (2006年7月28日

レギュラー番組[編集]

テレビ[編集]

現在は全て放送終了

TOKYO MX 「電リク! BEAT BOX!」
TVK (現 tvk) 「saku saku」 番組内コーナー
「CHARCOAL FILTERの裏リンピック」
「大人の社会科見学」

ラジオ[編集]

現在は全て放送終了

Date fm 「CHARCOAL FILTERの今夜もイッパイイッパイ!」
九州朝日放送 「チャコフィル来福」
CROSS FM 「Kyushu 好いとぉ〜」
東海ラジオ 「CHARCOAL FILTERの "今日も安全日"」
AIR-G' 「BEAT KIDS STREET」
ニッポン放送 「学園カリスマファイト」
ニッポン放送 「CHARCOAL FILTERのclub discovery」
東北放送 「CHARCOAL FILTER 安井佑輝のブラボー!レインボー!きんぴらゴボー!」
fm fukuoka 「CHARCOAL FILTERの満福RADIO」
Date fm 「CHARCOAL FILTER Treasure Hunt」

書籍[編集]

バンドスコア

CHARCOAL FILTER Single Collection (小名川高弘責任監修 / シンコー・ミュージック
MADE IN Hi-High (小名川高弘責任監修 / シンコー・ミュージック)
HAPPY SET (小名川高弘責任監修 / シンコー・ミュージック)
CHARCOAL FILTER (小名川高弘責任監修 / シンコー・ミュージック)

影響を受けたバンド[編集]

グリーン・デイ - 高校時代にコピーしていたアメリカメロコアバンド。デビュー後も「2,000 Light Years Away」をカヴァーし、「Brand-New Myself 〜僕にできること」のカップリングとして収録している。
ウィーザー - メンバーが好きなバンドの一つ。ライヴの登場時にSEとして彼らの「Dope Nose」を流すのが定番となっている。
ランシド - メンバーが好きなバンドの一つで、リハーサル時には必ず彼らの「Ruby Soho」を演奏する。数回ではあるが、ライヴでもこの曲を披露している。
Hi-STANDARD - 一時期使用していた「Sweet dog」というバンド名は、Hi-STANDARDの「MY SWEET DOG」(1997年のアルバム『ANGRY FIST』に収録)から拝借したもの。

交友関係[編集]

唄人羽 - バンドぐるみで付き合いのある親友。「はじけよう」製作時には、本多哲郎にブルースハープを吹いてもらった。
CAMEL WIZARD - 事務所の後輩。"Japan tour, 47"の対バン募集企画で知り合い、そのメロディーの美しさに感銘を受けた大塚が、POWERPOPに入るよう熱心に誘ったという。安井も「嫉妬するほど美しいメロディーを書く」と絶賛している。
小久保淳平 - レギュラーラジオ「CHARCOAL FILTERのclub discovery」(ニッポン放送)にて森山直太朗の「さくら」を共演。同番組のイベントにも参加。
SHAKALABBITS - バンドぐるみで付き合いがあり、都内でのワンマンライヴ時には花を贈ってくれる。
SHOGO - 175Rのヴォーカル。CHARCOAL FILTERのデビュー前からのファンと公言していて、『Gimme a light』も持っており、「Team PHILTER」の会員番号175番。「club discovery」出演時には、5人で「185R(チャコライダー)」を結成。
竹村哲 - SNAIL RAMPのヴォーカル&ベースであり、インディーズレーベルSCHOOL BUS RECORDSの設立者。小名川が同レーベルにデモテープを送ったことがきっかけで、アマチュア時代にレーベル主催のイベントに出演させてもらった。
塚本高史 - 2004年MATCHのCMに出演。自身のシングル「いつでも僕は」のカップリングで小名川が曲を、大塚が詞・曲を提供。
ニューロティカ - "Japan tour, 47"の対バン募集企画に自ら応募し、熊谷公演に出演。そのことがきっかけで、CHARCOAL FILTERのファンクラブ会報にも登場している。
ヒューマンロスト-バンドぐるみでの付き合いあり、ミニアルバム『book』の中の曲で小名川がギター&アレンジをやっている。
ビビアン・スー - 2000年にMATCHのCMで共演。ラジオ番組「学園カリスマファイト」(ニッポン放送)では、大塚と二人でパーソナリティを務めた。2003年には「Brand-New Myself 〜僕にできること」を『決定愛?』として中国語カヴァーした。
ザ・ベイビースターズ - 唄人羽主催のイベントで知り合う。3バンドともライヴの最後に「せーの」でジャンプをするが、ファンクラブ会報にヴォーカルの田中明仁が登場した際、ジャンプはCHARCOAL FILTERが元祖で、唄人羽が真似をし、更にそれを見たベイビースターズも真似をしたと判明。元メンバーの浅見トマルは脱退後、小名川のサポートメンバーになっている。
増田ジゴロウ - レギュラーコーナーを持っていたTVKsaku saku」のMC(ぬいぐるみ)。大塚は黒幕(ジゴロウを動かす人物)から直接もらったジゴロウ人形を所有。
ワカバ - NHKポップジャム」の楽屋で知り合い、ステージ用の衣裳をあまり持っていないという松井亮太に、大塚が私服のジャケットをプレゼント。当日の収録で早速着用していた。

関連項目[編集]

大塚明 - 千葉ロッテマリーンズ外野手2005年シーズン時、ヒッティングマーチ(打席に入る際のテーマ曲)として「Brand-New Myself 〜僕にできること」を使用。但しメンバーと面識はなく、メンバーは自分達の曲が使用されていることをファンに教えられて知った。また、この年はロッテが日本シリーズを制しており、パ・リーグプレーオフや、阪神タイガースとの日本シリーズなどの大きな試合の際にも、球場で同曲が流れていた。また、引退セレモニーで流された映像にも同曲が使われていた。
峰倉かずや - 漫画「最遊記」(アニメ「幻想魔伝 最遊記」の原作)の作者であり、「Tightrope」のジャケットを手掛け、大塚をモデルにした男性を描いた。
The Nutty Radio Show 鬼玉 - NACK5の番組。2003年9月に大塚が出演した際、「絶対売れる曲のタイトル」というお題で、次のタームで出す曲のタイトルを募集。多数の応募の中から大塚の独断で「苔と裸体」が選ばれ、翌年のアルバム『CHARCOAL FILTER』に「コケトラタイ」として収録された。「大人の口約束」で終わらなかったことを喜んだバカボン鬼塚(番組パーソナリティ)が、自らが所属するバンドかかしとの対バンを申し出、メンバーも快諾。2006年末のカウントダウンイベントで実現した。また、2004年9月の出演時には「ライヴのメンバー紹介で、ヴォーカルを紹介する際のフレーズ」を募集。その時に採用された「声出すだけでボロ儲け、ヴォーカルの大塚です!」は、翌月の渋谷公会堂でのライヴ("Re:HOME")で、実際に大塚が使用した。
日テレ・ベレーザ - 「one Days」のPVに出演した女子サッカークラブ。その縁で、2004年シーズンには競技場でしばしばこの曲を流していた。
青春パンク

外部リンク[編集]

CHARCOAL FILTER Official Website - 公式ウェブサイト
日本クラウン - レコード会社公式ウェブサイト
DAIJIMUSIC - レーベル公式ウェブサイト
無色日記2 - ウェイバックマシン(2016年11月26日アーカイブ分) - 安井佑輝のブログ
ドラムスコですけど・・・ - ウェイバックマシン(2016年3月4日アーカイブ分) - 高野真太郎のブログ
出典:Wikipedia
2020/02/23 23:41
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant