ATR 42
▼人気記事ランキング
5.日本における動き
5.7.国土交通省 地域航空のあり方に関する研究会
2017年には国土交通省の持続可能な地域航空のあり方に関する研究会(座長竹内健蔵東京女子大学教授)で機体の共同保有や、将来の経営統合などを内容とする報告書が出された[40]。2018年12月に一部報道によって、研究会によって対象とされた地域航空5社のうち九州内の日本エアコミューター、オリエンタルエアブリッジ、天草エアラインの3社で先行して包括的な業務提携を進める方針で、合併や経営統合は先送りされることも協議合意されたと報道され[41][42]、その過程でJAC、HACの機材選定及び1,200m滑走路で運用可能なATR 42が運航機材の主流になる可能性が高い。

[4]前ページ
(5.6.佐渡路線)
[6]次ページ
(6.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/19 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant