渡瀬恒彦
姓名判断|スピリチュアル|ほくろ除去
内職|縁結び|無料ゲーム
▼人気記事ランキング
2.人物
2.2.仕事に対する姿勢

デビュー直後に語った「スターに学問はいらない。映画は肉体労働だ」という哲学を貫き、俳優としての地位を築いた。劇団で修行したわけでないからと演技論を展開させることもなかった。事あるごとに「僕は脱サラ俳優だから」と口にしていた(注1)という。

スター然した扱いを苦手とした。プロデューサーが煙草に火をつけようとすると、自分でつけるからいいと断った場面を元付き人が目撃している(注2)。また現場にたまにしか顔を出さないプロデューサーを非常に嫌ったという(注3)

渡瀬自身は「こういうイメージで俳優をやっていこう」という固定観念はなかった(注4)
 2014年当時のインタビューでは「この人をこういう役で使ったら面白い」と考える専門家(プロデューサー)がいるから自分ではあまり考えません。でも、昔似たような役柄をやっていたから安全パイでキャスティングされることが昨今は多いため、自分の中で固まりかけているイメージを、別の角度から突っついて乗らせてくれるプロデューサーはいいですね(注5)と話していた。

ベテランのスタッフや共演者には「恒さん」と親しまれ、何度も出演したテレビ朝日系『徹子の部屋』のように慣れた相手には「意外なエピソード」も明かしたが、通常の取材では「小難しい質問」になると顔をこわばらせてしまうところがあった(注6)

非常に勉強熱心として知られていた。現場にipadを持ち込み、わからないことがあるとその場で調べていた(注7)

作品毎、最初の仕事は現場のスタッフの名前を覚えることだった。「ADさん!」というより「○○さん!」と呼ばれた方が気持ち良いだろうし、良い仕事してくれるだろうという信念を貫いた。渡瀬は東映の現場に50年弱いたが、昔は下積みやっている人間がどんどん偉くなっていくのを目の当たりにしたことが起因している(注8)という。

台詞の覚え方について「30歳ぐらいまでは台本台詞として覚えていた。しかし、2009年現在ではドラマのストーリーを読んで、2回目は演じる役になりきって読んで、3回目は衣装さんやメイクさんなどスタッフがどう動くか想像しながら読んでます。そうして何回か読むと、いつの間にか台詞を覚えてしまうんですよ」(注9)とのこと。

「(デビューして)何年経っても、撮影の前夜というのは心地良いものではないですよ..」ドラマでも映画でも撮影初日の前夜は期待や不安で眠れない日があった(注10)という。

「演じたい役は?」と問われると渡瀬は必ず「老人と海」の漁師役と答えていた(注11)という。

1.
2. 病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(2)タバコの火は自分でつける
http://www.asagei.com/excerpt/68923
3.
4.
5.
6.苦手な会見も兄渡哲也のためなら/渡瀬さん悼む
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1793285.html
7.4人のヤクザを5分でKO?渡瀬恒彦「芸能界再最強伝説」

8.
9.変幻自在役者インタビュー 渡瀬恒彦

10.
11.

がん保険|脱毛|運命の人
にきび跡|前世|手相
無料占い|運命の赤い糸|しし座
[4]前ページ
(2.1.人柄)
[6]次ページ
(2.3.兄・渡哲也)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/04/27 11:08
金融|おうし座|看護助手
星座占い|夢占い|相性占い
この記事を共有する
「渡瀬恒彦」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/04/27 更新
 1位桑島法子
 2位野村直樹
 3位今村雅弘
 4位桂三木助 (4代目)
 5位村田充
もっと見る>>
いま読まれている記事
銀狼怪奇ファイル|中井大介|セディナ|仮面ライダー剣 MISSING ACE|渡瀬恒彦
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant