オクラホマ州
ふたご座|さそり座|脱毛
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
8.政治と法律
8.3.国政
20世紀前半はその大半で民主党の強い地盤だった。1908年から1948年の間で、オクラホマ州が共和党候補を支持したのは、1920年と1928年の2度だけだった。しかし、国内の他地域と比べてオクラホマ州の民主党はかなり保守的と考えられるのが常であり、次第に国政レベルで共和党に傾いていった。
現在州内の有権登録者は共和党の方が多数であり(注1)、1952年以降の大統領選挙では1回を除いて全て共和党候補を支持した。2004年と2008年、ジョージ・W・ブッシュジョン・マケインは州内の全ての郡を制し、州全体では投票総数の65%以上を獲得した。2008年、オクラホマ州は全ての郡がマケインを支持したことで唯一の州となった(注2)
概して共和党はオクラホマシティとタルサ各市およびそれらに近い郊外、さらにはパンハンドルで最強である。民主党は州東部とリトルディキシー(州南東部)で強い。
2000年国勢調査に従い、オクラホマ州からアメリカ合衆国下院に送り出す議員の定数が6人から5人に減らされた。第112議会(2011年-2012年)の場合、党の勢力に変化は無く、共和党4人、民主党1人だった。上院議員2人は共に共和党員である。

1.Registration by Party as of January 15, 2011
http://www.ok.gov/elections/documents/reg_0111.pdf
2. Presidential Election of 2004 in Oklahoma
http://www.ok.gov/~elections/04pres.pdf

姓名判断|スピリチュアル|浮気
セルライト|星座占い|縁結び
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(8.2.地方政府)
[6]次ページ
(9.経済)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/05/08 04:28
婚活|内職|ワンピース
運命の赤い糸|無料相性占い|賃貸
この記事を共有する
「オクラホマ州」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/26 更新
 1位小林麻央
 2位七條慶紀
 3位豊田真由子
 4位市川海老蔵 (11代目)
 5位小林麻耶
もっと見る>>
いま読まれている記事
和光市|海上保安大学校|グロテスク (2009年の映画)|原子炉主任技術者|オクラホマ州
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant